どの業界でも社会人であれば、1度は転職することを考えたことがあるでしょう。どのようなタイミングで転職を考えるかは人それぞれ違いますが、これから本当に転職することを考えているのであれば、なるべく20代のうちに転職することを決断しなければいけません。

たとえ総務への転職であっても、第二新卒(新卒社会人経験3年未満の若手求職者)や20代の若い年齢のうちに転職する方が、将来的なキャリアプランも立てやすいです。

転職市場では、30代以降の転職希望者に対して即戦力を求める企業が圧倒的に多くなるため、年齢が上がるに連れて転職を実現させることは難しくなります。

もし、総務のキャリアを積み上げたいと考えているのであれば、いち早く情報を収集し、20代の早いうちから転職活動の準備を始めていくことが重要です。

そこでここでは、第二新卒や20代で総務へ転職するために必要となる知識について解説していきます。

第二新卒・20代で総務へ転職する2つのメリット

総務へ転職したいと決意して、今の会社を辞める理由は人それぞれ違います。「違う会社の総務へ転職して、さらに総務の専門性を磨き上げたい」と思っている方もいれば、「総務へキャリアチェンジしたい」と思っている方もいるでしょう。

これから転職して、総務のキャリアを築き上げたいと考えているのであれば、第二新卒や20代のなるべく早い段階で転職を決断した方がよいです。転職市場では、なるべく若く即戦力として期待できる人材を確保したいと考える企業が非常に多く、20代の採用が最も活発です。

そこで、まず第二新卒や20代で総務へ転職するメリットについて述べていきます。

総務での将来的なキャリアプランを描きやすい

まず、第二新卒や20代で総務へ転職するメリットの1つ目として、「総務での将来的なキャリアプランを描きやすい」点を挙げることができます。

もし、将来的に総務で働き続けたいと考えているのであれば、なるべく若いうちに総務のさまざまな業務を経験し、計画的なキャリアプランを立てる必要があります。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある東証二部上場企業の総務職の求人募集になります。

上記の求人票で応募をかけている企業は、「勤怠、労務管理等の手続実務経験が3年以上の経験者」を採用したいと考えています。日本の上場企業や大手企業の中途採用では、上記のようにある程度の実務経験者を対象として募集する企業が多いです。

中小企業の総務で実務経験を積み上げている20代の方であれば、上記のような求人にチャレンジして転職を実現させることで、キャリアアップを図ることができます。頑張り次第ではそこからさらに、一部上場企業の総務への転職も視野に入れることができます。

このように、第二新卒や20代のなるべく早い段階で転職を決断することで、将来的な総務のキャリアプランが描きやすくなるメリットがあります。

未経験でも異業種へ転職しやすい

次に、2つ目のメリットとして「異業種へ転職しやすい」点を挙げることができます。

30代以降になってから総務未経験者が転職を目指すのは、極めて難しいです。大手企業や中小企業に関わらず、日本の企業は30代以降の転職者に対して、将来的な可能性よりも即戦力となる人材を求める傾向が強くなります。

そこで、総務の実務経験がない方は、未経験者でも応募が可能な総務の求人票を探すところから始めるようにしましょう。

例えば、下記の求人票は東京にある中小企業の経理総務の求人募集になります。

上記のように、未経験でも応募が可能な求人票に応募して、まずは総務への転職を実現させることが大切です。

また、求人票の仕事内容をよく確認し、応募する企業でどのようなキャリアを積み上げることができるのか把握しましょう。転職先の仕事内容は、その後のキャリアプランに大きく影響を与えます

現時点で総務未経験者の方は、第二新卒や20代の早いうちに総務へ転職し、まずはそこで実務経験を積み上げるところから始めましょう。

第二新卒・20代で総務に転職したときの年収の相場

第二新卒や20代で総務へ転職した場合の年収が気になる方も多いでしょう。総務の年収は企業の規模や経営状況、年齢、勤務年数によって変わりますが、一般的に第二新卒の方や20代の社会人は実務経験が浅い分、転職した時の年収はそこまで高くないのが現状です。

総務は事務職のため、営業職のようにインセンティブ方式(業務成績による報酬)が採用されることはありません。そのため、転職前の職種によっては年収が下がることもありますので、事前に認識しておく必要があります。

例えば以下は、転職サイトのdoda(デューダ)が2017年の1年間で調査した総務の平均年収の結果です。年収の金額については情報にバラツキがありますので、参考程度にしてください。

全体平均 466万円
男性平均 513万円
女性平均 382万円
20代平均 352万円
30代平均 435万円
40代平均 539万円
50代平均 665万円

上記のデータでは、20代の平均年収は351万円(月収29万円程度)となっています。このことから、第二新卒の方が総務へ転職したときの平均年収は、300万円程度(月収25万円程度)になることが予想されます。

総務で年収を上げたい場合は社内で昇給、あるいは管理職へ昇任する条件が一般的です。また、女性の場合は出産や育児を優先して昇任することまで考えない方が多いため、男性よりも平均年収は低い傾向にあります。

中には、総務の経験を積み上げることで、株主総会関連事務のスペシャリストやベンチャー企業などの株式上場支援のスペシャリストとして活躍する人もいます。その場合は、平均年収よりも高い年収を実現できますが、かなり少数といえます。

総務の第二新卒・20代向け求人から求められる人材スキルを知る

第二新卒・20代を対象とした総務の求人では、どのような人材スキルが求められるのでしょうか。

実際に転職活動に踏み切る前に求められる人材スキルを把握しておくことは重要です。それによって、履歴書や面接で聞かれる志望動機の作成に役立てることができるからです。

第二新卒・20代を対象とした求人募集では、これまでの実務経験やスキルよりもポテンシャル(将来的な可能性)を重視する傾向にあります。では、具体的にどのような人材が求められるのでしょうか。

以下では、実際に第二新卒を対象とした総務の求人票の例を確認しながら、求められる人材スキルについて解説します。

20代の転職でも実務経験が重要

20代の転職であっても中途採用である以上、企業はこれまでの実務経験に注目します。

20代を対象としてポテンシャルを重視する求人票があるとはいえ、転職市場全体でみると、即戦力となる人材を求める企業が圧倒的に多いです。企業教育のコスト負担を抑えることができ、時間をかけずに有益な人材へ成長する可能性が高いからです。

また、それぞれの求人票でどのような実務経験を求められるかは、募集をかける企業のニーズによって違います。そのため、求人票の内容をよく確認し、それぞれの企業でどのような実務経験を求めているか確認する必要があります。

例えば、下記の求人票は大阪にある上場企業の経理総務の求人募集になります。

上記の求人票では、必須要件として「月次・年次決算の経験者」と記載されています。つまり、月次・年次決算の実務を経験してきた方を採用したいと企業側は考えています。

月次・決算業務を経験してきた方であれば、このような求人に応募して転職を実現させることで、総務経理としてのキャリアアップを図ることができ、将来的なキャリアプランが立てやすくなります。

また、上記の求人票では仕事内容欄に記載のとおり、月次・年次決算の業務以外にも、株主総会の運営やファシリティ管理の業務を経験することができます。

考え方によっては、将来的に株主総会運営やファシリティ管理の実務経験を積んで、大手企業の求人にチャレンジすることも考えられます。

総務経理を目指す場合は、簿記の資格が役立つ

特に中小企業の総務では、事業の規模や従業員数が少ない分、財務諸表などを扱う経理業務を兼務する企業があります。

そのような企業が総務の求人募集を出す場合に、経理に役立つ簿記の資格保有者や資格取得予定者を積極的に採用したいと考える企業があります。

例えば、下記の求人票は大阪に本社がある中小企業の第二新卒を対象とした総務経理の求人募集になります。

上記の求人募集の場合、簿記3級を取得している方や資格取得に向けて勉強に励む意欲のある方を採用したいと企業側は考えています。このように、企業が求める人材スキルの内容によっては、資格が有利にことなることもあります。

すでに簿記の資格を取得している方や簿記に興味があり勉強に励む方は、経理業務を兼務する総務の求人募集にも注目するようにしましょう。

未経験の場合は、基本的なPC操作スキルが役立つ

未経験で総務へ転職することを考えるのであれば、PC(パソコン)操作がある程度使いこなせることが望ましいです。総務は事務職である以上、WordやExcelを使って資料を作成する機会が非常に多いからです。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある中小企業の第二新卒を対象とした総務経理の求人募集になります。

未経験者が応募可能な総務の求人票を検索するとよく見かけますが、上記の求人票のように「Word・Excelの基本的な操作が可能な人材」を求める企業が非常に多いことに気がつきます。

私は過去に大手企業の総務職で働いていましたが、PCを使って資料を作成する機会が非常に多くありました。そのほか、Accessを使ったデータの管理や、PowerPointを使って会議のプレゼンテーション資料を作成することもありました。

例えば、以下のような資料です。

難しい操作は必要ありませんが、上司から資料を作成してほしいと言われたときに、WordやExcelを使って上司のイメージどおりに資料を作成するスキルが必要になります。

そのため、Word、Excel、場面によってはPowerPointをある程度使いこなせるスキルがあれば、たとえ未経験の総務へ転職する場合であっても、企業から求められるスキルとして役立てることができます。

第二新卒の転職は経験年数に注意する

第二新卒の方が転職活動に取り組む際は、「実務経験年数」に注意する必要があります。総務の求人募集を検索すると分かりますが、中途採用ではある程度の実務経験年数を求める企業があることに気がつきます。

第二新卒は、一般的に「学校卒業後、社会人経験3年未満の求職者」を指します。しかし、求人票の中には実務経験が1年や2年だと応募の対象とならない求人があります。

例えば、下記の求人票は神奈川県にある外資系企業の総務の求人募集になります。

上記の求人票では、「総務関連業務の実務経験が3年程度」であることが応募の必須条件となっています。このような求人の場合、第二新卒で実務経験年数が2年以内の方は、実務経験年数が足りないため、応募の対象外となります。

応募する企業によって違いますが、実務経験5年以上を求める企業もあれば、実務経験が1年以上や2年以上でも応募が可能な求人もあります。ただし、実務経験が1年以上や2年以上の条件で応募が可能な求人は少ないのが現状です。

第二新卒で転職する方は、実務経験年数が足りなくて応募ができない企業があることも理解しておきましょう。

第二新卒・20代で総務へ転職するための志望動機例

転職するときの履歴書や面接で必ず聞かれるのが志望動機です。志望動機は、総務の求人票に記載されている仕事内容や企業が求める人材スキルを理解した上で、志望動機を作成する必要があります。

第二新卒や20代の転職者は社会人経験が浅いとはいえ、「なぜ、その企業へ転職したいのか?」「なぜ、総務へ転職したいのか?」といった問いに明確に答えることができなければ、転職を実現させることができません。

そこで、志望動機を作成する際は、以下の3つのポイントを押さえることが重要です。

  • これまでの社会人経験を自己分析し、自身の強みを洗い出す
  • 転職を希望する会社で具体的にどのように貢献できるのか深く考える
  • アピールポイントを絞る

経験者・未経験者に関わらず、上記3つのポイントを意識して志望動機を作り込み、採用担当者を納得させる内容に仕上げる必要があります。

ただし、総務に応募するまでの経緯やこれまで経験してきた仕事内容は人それぞれ違います。当然ながら、志望動機はオリジナルの内容で仕上げる必要があります。

以下では、総務へ転職するための志望動機例を示しますが、あくまでも参考程度にとどめるようにしてください。

これまで以上にスケールの大きいファシリティ関連事業に携わりたいと考え、御社を志望いたしました。

私はこれまで従業員200人規模の中小企業の総務部門で、主にファシリティ管理のリーダーを担当してきました。

同じ会社に所属する従業員とはいえ、業務時間内はそれぞれの部署に分かれて仕事を行うため、社会人ともなると互いにコミュニケーションを取る時間が中々ありません。そこで、従業員同士のコミュニケーションを活性化させるプロジェクトに携わった経験があります。

3階建ての各フロアの中央スペースに、それぞれの部署の従業員が共用で使える作業台や、昼食・休憩時間として利用できる長机、複合機、事務用品などの消耗品を管理するスペースが集中するようにレイアウトすることで、異なる部署の従業員が自然と1箇所に集まる仕組みづくりをしました。

結果的に、従業員のコミュニケーションの活性化に繋がり、「仕事で他の部署との連携がスムーズになった」「今まで話したことがなかった従業員と話すことができた」などの声をいただくことがありました。

御社では、これからオフィスの拡張プロジェクトを控えています。ぜひ、そのプロジェクトメンバーに参加させていただき、将来的にファシリティマネジメントの専門性を磨き上げたいと考えております。

上記のように、これまでの実務経験の具体例を挙げ、応募する企業にどのように貢献したいのかを伝えるようにしましょう。

そうすることで、採用面接官は応募者がこれまでどのような実務経験を積んできたか、どのようなスキルを持っている人材であるかをイメージすることができます。

未経験者が総務へ転職する場合の志望動機例

では、異業種から総務へ転職を考える方は、どのような志望動機を作成すればよいのでしょうか。

これまで総務の実務経験がなくても、求人募集をかける企業が求める人材ニーズに見合うような志望動機を作成しなければ、採用されることはありません。

そのため、求人票で気になる企業がどのような人材を求めているかを研究し、応募先の企業でこれまでの実務経験をどのように活かせるかを志望動機に落とし込む必要があります。

以下の志望動機は、第二新卒として営業事務から総務経理の求人に応募することを想定して作成した志望動機例になります。

これまで2年間、骨折からリハビリ治療に関わる医療機器メーカーの営業事務として、営業職の従業員をサポートしてきました。

営業職の従業員が不在のときは、私が可能な限り取引先の医師が求める本質的なニーズをキャッチするように心がけ、営業職の従業員に対して、医師からいただいた意見を正確に引き継いできました。

結果として、「取引先となる医師が何を求めているのか」をいち早く察知することができ、営業職の従業員との連携がスムーズになることを実感してきました。

そのような中、取引先の営業相手や営業職の従業員に特化した視点ではなく、将来的に企業経営に関わる広い視野で活躍する総務事務に興味を持っていたところ、御社の総務経理の求人募集が目に留まり応募しました。

現在は経理事務に必要な簿記の知識を活かすため、2級の資格取得に向けて勉強に取り組んでいます。そして、これから事業拡大を目指す御社の管理部門において、組織運営の改善に必要なニーズをいち早くキャッチし、課題解決のために貢献したいと考えています。

上記のように、営業事務での具体的な経験内容やその経験を通じて得たスキルをどのような形で活かすことができるか具体的に示し、採用担当者が納得するような志望動機を作り上げましょう。

なお、総務経理の求人で簿記の知識を備えた人材を求める企業であれば、簿記の資格を取得していることや資格取得を目指していることをアピールすることで、企業が求める人材ニーズに近づけることができます。

なるべく早く転職し、計画的なキャリアプランを築き上げる

転職を決断するまでの経緯は人それぞれですが、社会人経験間もない第二新卒や20代の方が転職を考えるのは、少なくとも今の現状を変えたいと思っているからでしょう。

もし、転職するか迷っているのであれば、年齢が若い今のうちに転職を決断した方がよいです。年齢が経つに連れて、求人募集をかける企業は即戦力を求めるようになります。また、未経験であっても若い年齢のうちであれば、将来のキャリアビジョンも修正が可能です。

しかしながら、第二新卒や20代といった若い年齢で転職を考える方のほとんどが初めての転職になります。将来のキャリアアップのために転職したいと思っても「どのような方法で転職活動を進めればよいか分からない」と不安になるでしょう。

そこで、転職エージェントに登録して、転職活動の幅を広げながら転職活動を行うようにしましょう。

30代以降になってから「転職したい!」と思い立ったとしても、20代の転職に比べて難易度が上がることを認識しなければいけません。

後から振り返ったときに「あのときに転職しておけばよかった」と後悔しない人生にするために、今から勇気を出して転職活動に取り組んでいきましょう。

事務転職で失敗しない転職サイトの活用法とは

事務転職を考えるとき、多くの人が転職サイトを活用します。ただ事務職は倍率が高く、簡単には転職できません。自力で転職先を探そうとしても、1件1件求人を見極めるには相当の労力を使います。またエントリー書類(履歴書・職務経歴書)の作成や面談対策、転職条件の交渉まで自ら行う必要があります。

しかし転職サイトに登録すれば、カウンセリング実施後にキャリアアドバイザーから転職条件に見合う求人を無料で紹介してもらえます。さらに履歴書や職務経歴書の添削、面談対策、転職条件の交渉まであなたの代わりに行ってくれます。

ただし、「多くの求人を紹介してくれる転職サイト」「カウンセリングに力を入れている転職サイト」「女性の転職支援に力を入れている転職サイト」など、選ぶ転職サイトによって特徴や強みに違いがあります。これらのことを理解した上で転職サイトを活用しなければいけません。

そこで以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの特徴や強みの違いを理解して活用すれば、事務転職の失敗を防ぐことができます。