病院で働く人といえば、医師や看護師をイメージする人は多いでしょう。しかし、実際の医療現場には看護師や医師が医療現場で最善を尽くせるようにサポートする立場として、総務の従業員も活躍しています。

ただ、病院の総務が具体的にどのような役割を果たしているのか知らない人は多いです。そのため、病院の総務へ転職を考えている人は、事前に病院の総務の特徴を調べ上げた上で転職活動に挑まなければ必ず失敗します。

そこでここでは、病院の総務へ転職する前に知るべき求人の特徴や適切な志望動機例について解説します。これが理解できれば、馴染みがない病院の総務へ転職することができます。

総合病院や診療所(クリニック)の総務の仕事内容や働き方の実態

病院の総務の仕事内容について、本やインターネットを通じて情報収集したことがある人は多いでしょう。

病院は病気やケガをして治療を受ける患者を相手にする医療機関であるため、民間企業の総務と違った仕事をこなすイメージが先行してしまいます。

しかしながら、病院の総務の従業員が患者を相手に仕事をすることはほぼありません。病院の現場で直接患者を相手にするのは、医師や看護師の仕事だからです。

そのため病院の総務は医師や看護師が医療に専念できるように、病院運営を管理する立場からサポートする役割を果たすことになります。

ただ病院の経営方針や病院の規模(総合病院・診療所)によって病院の総務で担当する仕事内容や働き方が違うため、求人選びは慎重にしなければいけません。

例えば、下記の求人票は東京が勤務地となる急性期病院の総務の求人募集になります。

上記求人の病院へ転職した場合、院内施設の管理・修繕、官公庁への申請・対応、取引先との契約締結・管理など病院運営に欠かせない事務手続きを中心に仕事をこなすことになります。

このように、病院運営に欠かせない事務手続きを担うという意味では民間企業の総務と大きく変わりはありません。

ただ会社法に基づいて事務手続きを進める民間企業の総務と違い、病院の総務では医療法に基づいて事務手続きを進めるため、仕事の根拠となる法律に違いがあることは押さえておく必要があります。

このほか、応募する病院によっては総務事務だけでなく人事や経理を兼務する求人募集もあります。例えば、下記の求人票は東京が勤務地となる総合病院の総務の求人募集になります。

上記求人の病院へ転職した場合、職員の雇用管理、給与計算などの人事業務のほか、小口現金入力といった経理業務まで担当することになります。また経理事務をこなす必要があるため、必須条件ではありませんが簿記3級以上の資格や知識を持っていれば仕事で役立つはずです。

診療所(クリニック)の総務の仕事内容

このほか、規模は小さくなりますが地域に根差す診療所(クリニック)の総務の求人も存在します。

多くの従業員が働く総合病院の総務と違い、個人経営のクリニックや診療所など従業員が少ない病院では、医療事務(受付や会計など)から総務に関わる仕事まで幅広くこなすことになります。

例えば、下記の求人票は東京が勤務先となるクリニックの受付を兼務する総務の求人募集になります。

上記求人のクリニックへ転職した場合、受付・コンシェルジュ業務、サプリメントの発注管理、提携クリニックとの連携業務、経理、庶務業務、清掃など、受付だけでなく総務や経理などの事務手続きまで幅広い仕事を経験することになります。もちろん、このようなクリニックの総務も転職先によって仕事内容は違います。

規模が大きい病院の総務と規模の小さいクリニックの総務のどちらの相性が良いかは、あなたの仕事の価値観やこれまでの実務経験の内容によって変わります。

病院の総務は土日休み?

では、実際に病院の総務へ転職したときの休日はどうなるのでしょうか。

民間企業の総務であれば土日休みの企業が多いですが、病院の総務で土日休みの勤務体制になっている職場は少ないです。24時間体制で運営している病院や土曜日に診療を行っている病院もあるからです。

例えば、下記の求人票は神奈川県が勤務地となる総合病院の総務の求人募集になります。

上記求人の病院へ転職した場合、休日は週休2日制(日曜日固定で月曜日から土曜日の間で1日休日)となります。またシフトによっては土曜日や祝日に勤務することが考えられるため、完全週休2日の民間企業より休日が少ないことも考えられます。

このほかにも病院の休日は複数のパターンがあるため、以下を参考にしてください。

このように勤務先の病院によって休日の体制が違うため、求人票の休日欄は必ず確認するようにしてください。

特に入院患者を抱える病院は、土日休みの民間企業と比較して休日が少ない傾向にあります。病院の総務へ転職するときは、このような医療業界の現状を理解した上で転職活動に踏み切るようにしてください。

病院の総務は激務?残業の実態とは

これまでにも述べましたが、病院の総務は基本的に患者対応をすることはありません。

一方、病院の窓口として働く医療事務の職員は患者から直接クレームを受けたり、診療報酬請求など毎月忙しい事務作業に追われたりします。

看護師のように夜勤や当直業務はありませんが、それでも現実として医療事務を経験する人の中には、「激務できつい」「辞めたい、大変でつらい」といった気持ちになる従業員もいます。そのため、医療機関の仕事としては「医療事務よりも総務は楽で暇な仕事なのでは?」と思ってしまうかもしれません。

しかしながら、病院の総務でも転職先によっては恒常的に残業する職場もあるため、決して楽で暇な仕事とも言い切れません。

例えば、下記の求人票は総合病院の総務経理の求人募集になります。

上記求人の病院の総務経理部門へ転職した場合、月平均の残業時間が15~20時間程度であることが記載されています。

あくまでも平均時間であるため、この時間数よりも少ないこともあれば忙しい時期は月20時間以上の残業があることも想定されます。あるいは毎日、1時間程残業がある職場かもしれません。

また実際に求人票に目を通すと分かりますが、残業について記載がない求人票も多く存在します。ただ残業時間について記載がない求人であっても、実際には残業が常態化している病院も存在します。

残業代がしっかりと支給される病院であるならまだしも、サービス残業をするような病院の総務へ転職することはなるべく避けたいはずです。しかしながら、自分の目で求人票を見て残業の実態を判別することは非常に難しい現状があります。

ここでハローワークの利用を考える人がいますが、結局ハローワークの求人票でも残業の実態を見分けることは難しいです。また、ハローワークの職員に相談しても現場の状況を把握している職員はほとんどいません。

なお、残業の実態がどうしても気になる人は求人情報に精通している転職サイトのコンサルタントに相談することで、転職の失敗を防ぐことができます。

病院の総務は資格があった方がよい?必要なスキルとは

病院の総務で働くことを考えたとき、医療関係の資格を取得した方がよいのか気になる人は多いです。

結論から述べると、病院の総務への転職では特に資格は必要ありません。資格を取得していなくても、仕事の手順をしっかりと覚えれば病院の総務は務まるからです。

例えば、下記の求人票は大阪にある総合病院の総務の求人募集になります。

上記求人の病院へ転職したい場合、総務・労務の実務経験が3年以上あれば応募条件を満たすことになります。このように病院の総務へ転職する場合、民間企業と同じように総務の実務経験者を求める求人が多く、医療関係の資格は特に求められることはありません。

そのため、これまで病院や民間企業の総務である程度実績を積んできた人ほど、応募できる求人の数は多くなります。

ただ病院は民間企業と違い医療法に基づいて仕事をこなすため、医療業界に対する知識や実務経験があった方が転職後もスムーズに職場に溶け込めます。そのため上記求人のように応募の必須要件ではないものの、医療業界経験者を優遇する求人も中には存在します。

また、同じような病院の総務の求人であっても応募する求人ごとに求められるスキルは違うため、注意が必要です。

例えば、下記の求人票は秋田県にあるクリニックの総務の求人募集になります。

上記求人の病院へ転職した場合、幹部候補として採用されますが、総務の実務経験者であることに加えて経理や財務の知識があることも応募の必須条件となります。このように病院の総務は病院運営の幹部候補として応募が可能な求人もあります。

ちなみに、病院では患者の窓口となる医療事務など女性が多く働いているイメージがあります。しかし、病院の総務でも管理職に就くのは男性が多いです。

これまで総務の実務経験を積んできた人で、病院の管理職に興味のある人は幹部候補として病院の総務へ転職するキャリアプランを考えるのもよいでしょう。

病院の総務の管理職が求められるスキル

また求人数は決して多くありませんが、病院の総務の管理職を募集する求人もあります。

病院の総務の管理職は、民間企業と同じように総務の実務経験だけでなくマネジメント力や企画力が求められます。持続的な運営には経営戦略が必須であり、それは民間企業も病院も同じだからです。

例えば、下記の求人票は兵庫県にある総合病院の人事・総務の管理職求人募集になります。

上記求人の病院へ転職したい場合、業界を問わず管理職経験者であることが応募の必須要件となります。

具体的には、人事制度や採用計画の立案・実行、組織横断業務のプロセス・フローの構築など高度な人事・総務業務を経験してきた管理職でなければ応募資格を満たしません。そのため病院の総務の管理職求人では、転職直後から管理職として即戦力が期待できる人材でなければ採用されることは難しいといえます。

また、ライバルとなる他の転職希望者も病院の総務の実務経験やマネジメント経験が豊富な人材であることが想定できます。

なお上記求人の場合、大卒であることや普通車運転免許の取得も採用の必須要件となっているため、注意が必要です。

病院の総務は未経験者でも転職できる?

基本的に病院の総務の求人では、総務事務の経験者を対象とする求人募集が多いです。しかしながら求人数は少ないですが、総務未経験者でも応募できる求人が存在します。

総務未経験者でも応募可能な病院では、未経験でも将来的に活躍してくれそうなポテンシャルの高い人材がいれば採用したいと考えています。そのため、これまで総務の実務経験がない人でも病院の総務の転職に興味を持っているのであれば、積極的に応募するようにしましょう。

例えば、下記の求人票は東京にある総合クリニックの人事総務の求人募集になります。

上記求人の総合クリニックへ転職したい場合、WordやExcelの基本的な操作ができる人であれば応募することができます。このように総務である以上事務作業が多くなるため、未経験者が応募可能な求人では基本的なPC(パソコン)操作が可能な人材を求める病院が多いです。

また、このような求人であっても総務事務経験者が応募してくる可能性もあるため、転職しやすいとも言い切れません。ただ総務未経験者の人は、上記求人のように未経験でも応募可能な求人があれば積極的に応募して内定を勝ち取りにいかなければいけません。

なお未経験者として病院の総務へ応募する場合、なるべく若いうちに転職に踏み切るようにしましょう。他の業種と同じく、病院の総務でも年齢が上がるほど即戦力としての期待値が上がるからです。

もし未経験の分野から病院の総務へ転職することを検討しているのであれば、今のうちに転職活動に踏み切ることが重要です。

病院の総務の気になる年収は?

病院の総務へ転職したときの年収が気になる人は多いでしょう。ただ医療業界といった特殊な業界ではあるものの、病院の総務の年収は平均的な年収といえます。

また、それぞれの病院の経営状況や応募者の経験内容、スキル、年齢など年収に影響する要素は複数あります。そのため、病院は規模が大きければ年収が高いわけではないため注意が必要です。

例えば、下記の求人票は東京にある総合病院の総務の求人募集になります。

上記求人の病院の総務へ転職した場合、年収は350~450万円になります。

もし、病院での総務事務経験が豊富で即戦力として評価されるような人材であれば、年収は上限の450万円に近くなるでしょう。上記の求人例はあくまでも一例となりますが、病院によっては年収が300万円を切る求人や500万円を超える求人もあります。

このほか、転職する病院によって忙しさや残業状況が違います。もちろんですが、残業代がしっかりと支払われる病院の総務で残業が多い職場であれば、その分年収は高くなります。ただ年収が高い分、忙しい職場であることを覚悟しなければいけません。

病院の総務の管理職や幹部は給料が高い

また給料に大きく影響する要素として、役職があります。当然ですが、平社員よりも管理職の方が病院経営に深く関わりプレッシャーのかかる仕事が多い分、給料は高い傾向にあります。

例えば、下記の求人票は神奈川県にある総合病院の総務課長候補の求人募集になります。

上記求人の病院へ転職したときの年収は600~700万円となり、事務職としては比較的に高い年収が実現します。また人数は限られますが、病院の総務の管理職を経て、事務局長や総務部長などに昇任することで年収が1000万円を超える人もいます。

これまで病院の総務で実務経験とマネジメントスキルを磨いてきた上昇志向の強い人は現状に満足せず、さらなるスキルアップを目指してキャリアプランを立てましょう。

病院の総務へ転職するための志望動機例

なお、病院の総務へ転職する過程で履歴書の作成や面接は避けて通ることができません。

特に志望動機は最も重要であり、時間をかけてでも作り込む必要があります。応募する病院ごとに求める理想の人材が違うため、全ての病院で通用する志望動機は存在しないからです。

また、転職ではこれまで経験してきた仕事内容の実績を軸にして志望動機を作成することになります。そのため新卒の就職活動のときのように、学生時代の活動を軸にした志望動機は参考になりません。

まず病院の総務へ転職することを考える場合、以下3つのポイントを意識して志望動機を作り上げるようにしてください。

  • なぜ、病院の総務へ転職したいのか?
  • なぜ、この病院を選んだのか?
  • これまでの実務経験をどのように活かせるか?

上記のポイントを意識しながら、実際に経験してきた実務内容をもとにオリジナルの志望動機を作成するようにしてください。

以下は、総合病院の総務からクリニックの総務へ転職することを想定した志望動機例になります。

これまで従業員数150名規模の総合病院の総務に携わってきました。

医療現場で働く従業員が集中して業務に取り組むことができるように、労務管理や病院の設備管理など病院運営に関わる業務を中心に仕事に打ち込んできました。

このまま総合病院で総務の専門性を磨き上げるキャリアもありますが、医療現場の事務手続きも臨機応変に対応できるスキルを身に付けたいと思いました。

そこで医療事務から病院運営まで一通りの仕事が経験できる貴クリニックの求人募集が気になり、この度応募しました。

また開院して間もない貴クリニックで総合病院の総務で身に付けた専門的な知識やスキルを活かし、クリニックの運営改革にも貢献したいと考えております。

上記の志望動機例のように応募した理由を具体的に述べつつ、これまでの実務経験を活かして転職後も活躍したいことをアピールするようにしましょう。

そうすることで、「なぜ、この病院に応募したのか?」という採用面接官の疑問に対する的確な回答となり、好印象な志望動機になります。

ただし応募する病院ごとに求められる人材スキルが違うため、上記の志望動機の内容は応募する病院ごとに変える必要があります。

病院の総務未経験者の戦略的な志望動機例

なお、病院の総務未経験者が転職を考えるとき、上記で述べた志望動機例とは違った切り口で志望動機を作成しなければいけません。

「なぜ、違う職種から当病院の総務へ転職したいのか?」と採用面接官は疑問に思っています。そのため、未経験であっても転職にチャレンジしたい理由があることを正確に伝える必要があります。

また、転職を考えるきっかけが「残業が多い」「人間関係がうまくいかなかった」などネガティブな理由であったとしても、そのまま志望動機の理由にしてはいけません。そうではなく、「これまで違う職種で積み上げてきた実務経験やスキルを病院の総務で活かしたい」と前向きな志望動機を作成するようにしなければいけません。

例えば、以下は営業事務の経験者が病院の総務へ応募することを想定して作成した志望動機例になります。

これまで医療機器メーカーの営業事務員として、営業担当が最善を尽くせる環境づくりに徹してきました。

効率的な事務手続きを遂行するために、Excelを駆使してチームで共有できる管理シートを作成するなど、担当業務以外にプラスアルファでチームに貢献できる仕組みづくりに力を入れてきました。

ただ事務員としてスキルアップを考えたときに、部門を超えてさらに視野を広げることが可能な総務の仕事を意識するようになりました。

貴院の総務では、日々患者と接する医師や看護師が質の高い医療が提供できるように院内の働き方の見直しを図っていることを知りました。

新しい分野への挑戦となりますが、病院運営の基礎を担う総務の現場でもチームの仕事が活性化する仕組みづくりに積極的にチャレンジしたいと考えています。

このように総務の未経験者は、これまでの職場で工夫してきた点や経験を活かしてチャレンジしたいことを述べて前向きな印象を与えることが重要です。

なお、自己PRや志望動機を丸暗記して面接に挑もうとする人が多いですが、逆に面接官にマイナスなイメージを与えてしまいます。

私が勤めていた大手企業で何人もの応募者を見てきた人事担当の上司は「事前に用意してきた自己PRや志望動機をそのまま覚えて面接に来る応募者がたくさんいて困っている。そのような応募者の言葉は人間味がなく逆に印象が悪い。それよりも自分の言葉で話している応募者の方が好印象」と言っていました。

面接で伝えるべきポイントを押さえることは重要です。ただし丸暗記ではなく、未経験でも病院の総務へチャレンジしたい気持ちを素直に伝えられるように自分の言葉で話すことが重要です。

魅力的な病院運営に関わりながら総務のスキルアップを目指す

医療現場を支える病院の総務の仕事が具体的にイメージできない人は多いです。

医療法に従って業務を進める病院ならではの仕事があるのは事実ですが、施設管理や給与計算など民間企業の総務と変わらない事務手続きもあります。そのため医療業界だけでなく民間企業の総務で実務経験を積み上げてきた人でも、病院の総務へ転職できる可能性は十分にあります。

また求人の数は少なくなりますが、総務未経験者でも応募が可能な病院もあります。

しかしながら、数ある求人の中からどのようにして自分に適した求人を見つければ良いのか不安になる人もいます。そこで3社以上の転職サイトに登録し、転職エージェントに不安な点を相談しながら転職活動を進めるようにしましょう。

そうして、より多くの求人情報を手に入れながら自分に見合う求人を調べ上げるところから始めてみてください。

事務転職で失敗しない転職サイトの活用法とは

事務転職を考えるとき、多くの人が転職サイトを活用します。ただ事務職は倍率が高く、簡単には転職できません。自力で転職先を探そうとしても、1件1件求人を見極めるには相当の労力を使います。またエントリー書類(履歴書・職務経歴書)の作成や面談対策、転職条件の交渉まで自ら行う必要があります。

しかし転職サイトに登録すれば、カウンセリング実施後にキャリアアドバイザーから転職条件に見合う求人を無料で紹介してもらえます。さらに履歴書や職務経歴書の添削、面談対策、転職条件の交渉まであなたの代わりに行ってくれます。

ただし、「多くの求人を紹介してくれる転職サイト」「カウンセリングに力を入れている転職サイト」「女性の転職支援に力を入れている転職サイト」など、選ぶ転職サイトによって特徴や強みに違いがあります。これらのことを理解した上で転職サイトを活用しなければいけません。

そこで以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの特徴や強みの違いを理解して活用すれば、事務転職の失敗を防ぐことができます。