「学生時代の就職活動がうまくいかなかった」「やりたい仕事がなかった」など、フリーターになる過程は人それぞれ違います。フリーターは自分の都合に合わせて働き方を選ぶことができるため、正社員のように責任のある仕事を任されることは少ないです。

しかし収入が少なく雇用が安定していないことから、多くのフリーターが将来に不安を抱えながら生活することを余儀なくされます。

もしそのような状況の中で総務へ転職したいと考えているのであれば、今すぐ動き出さなければいけません。フリーターの経歴が長くなり、年齢を重ねるほど総務への転職は難しくなります。

また事務職の中でも特に総務は求人数が少なく、フリーターから転職を目指すのであれば事前の準備が非常に重要となります。そこでここでは、フリーターから総務へ転職するための正しい手順と考え方について解説していきます。

フリーターから総務へ転職したくても中々書類選考が通過しない

せっかく気を取り直してフリーターから転職しようとしても、簡単に転職できるわけではありません。

これまでフリーターとして働いてきた人が総務の転職を目指す場合、まず書類選考が通過しないという大きな課題に直面します。転職市場では即戦力の人材を求める企業が多く、社会人経験のないフリーターは書類選考で不利になりやすいからです。

例えば、下記の求人票は大阪に本社がある中小企業の人事総務の求人募集になります。

このように総務の求人でも即戦力の人材を募集している企業が多いです。当然ですが、フリーターの人が上記のような求人へ応募しても書類選考で通過する見込みはありません。

総務の中途採用でもこれまでの職歴や総務での実務経験を重視する企業が多いです。そのため、職歴がないフリーターは転職で不利な状況に置かれることを認識しなければいけません。

また履歴書を何度送っても不採用が続くとモチベーションが下がるものですが、たとえ正社員の人が転職しようとしても書類選考が通過しないことはよくあることです。そのため、職歴のないフリーターの人は書類選考が通過しないからといって落ち込む必要はありません。

フリーターは総務の未経験者でも応募が可能な求人を狙う

そこでフリーターの人は、実務経験がなくても応募できる企業を探すようにしましょう。

フリーターしか経歴がなくても書類選考が通過するような企業であれば、人間性やポテンシャルを重視する企業である可能性が高いです。そのためフリーターから総務の転職を目指す場合、総務の実務経験者を募集する求人ではなく、未経験者でも応募が可能な求人へ積極的に応募するようにしましょう。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある中小企業の総務の求人募集になります。

上記の求人票のように総務の未経験者が応募可能な求人であれば、フリーターの人でも応募することが可能です。総務の未経験者でも応募できる企業は中小企業ばかりですが、フリーターの人はまず総務の実務経験を積み上げることが重要です。

ただし、総務の未経験者が応募できるからといってフリーターの人が受かりやすいわけではありません。総務の未経験者でも応募することが可能なだけであって、総務事務の経験者やこれまで総務を経験したことがない社会人経験者も応募してくることも考えられるからです。

なお大手企業の総務の求人では未経験者を募集している企業はありません。フリーターの人が大手企業で採用されるのは現実的ではないため、未経験者を募集している中小企業へ積極的に応募するようにしましょう。

総務は女性から人気が高く、有効求人倍率が低い

総務を含めた一般事務職は営業職のように外出や体力的に負担が少なく、休日をしっかりと確保できる職場が多いことから特に女性から人気の高い職種となります。

厚生労働省が発表した2018年の有効求人倍率の平均が1.61倍となっている一方で、総務を含む一般事務職の有効求人倍率は0.37倍とかなり倍率が低く採用されにくい現状があります。また総務は必要最小限の人数しか従業員が配置されないため、中途採用で採用される人数は基本的に1人だけです。

例えば、私は大手企業の総務からベンチャー企業の総務へ転職しましたが、採用されたのは私1人だけで転職した当時は総務リーダーの上司と自分の2人だけで総務の仕事を回していました。

また、私はこれまでいくつもの総務の転職求人を見てきましたが、総務の求人で2人以上を同じ時期に採用する求人を見たことがありません。このように総務の求人は必要最小限の人数しか採用しないうえ、人気があるため中小企業の総務であっても中々採用されないこともあります。

フリーターから総務への転職は年齢が若いうちに踏み切る

また転職市場では年齢が若ければ若いほど転職しやすいため、フリーターの期間は短い方が望ましいです。

理由は単純ですが、未経験であれば30代よりも20代の人材の方がより多くの仕事を経験することで伸びしろが期待でき、人材価値が高いと判断する企業が多いからです。そのため、フリーターの状況を断ち切って総務へ転職したいという強い気持ちがあるのであれば、今すぐ動き出して転職活動を始めましょう。

少しでも早くフリーターから脱して総務の経験を積み上げることで、その後のキャリアも具体的に思い描くことができるようになります。

総務へ転職できたからすべてが思いどおりにいくわけではありませんが、少なからずフリーターの生活を続けるよりも充実したライフワークを送ることができるはずです。

転職しても総務の仕事は決して楽ではない

もし「総務は事務職だし、仕事が楽そうだから」といった理由で総務の転職を考えているのであれば、考え方を改める必要があります。企業によりますが総務はいろいろな対応に追われ、事務職ではあるものの想像以上にアクティブに対応しなければいけないときがあります。

例えば私の経験ですが、従業員が使う文房具の消耗品の発注作業を急いでいるときに、急に上司から「来週に社長が出席する会議の座席表を早急に作成してほしい」とまったく別の仕事を依頼されるようなことがありました。基本的に上司から頼まれた仕事は優先しなければいけないため、結果的に残業が発生するようなことは何回も経験しました。

このほか外部からの問い合わせや社内の従業員からの問い合わせに対応しなければいけない場面が多いため、このような仕事も同時並行で仕事を進めていくことになります。

アルバイトであれば、正社員のように責任のある仕事を任されることはほとんどありません。そのため定時になると残業をせずに帰るケースがほとんどです。

しかし正社員の場合は仕事をやり遂げる責任があるため、たとえ総務であっても残業しなければいけないような状況もあることは覚悟しておく必要があります。

フリーターから正社員の総務へ転職したときの仕事内容

総務は営業職のように表立った仕事はなく、総務がどのような仕事をしているのか正しく理解しているフリーターの人はほとんどいません。

総務が担当する仕事内容は、応募する企業の規模や経営方針(組織編成)によって仕事内容が大きく変わります。そのため、総務の求人へ応募するときは求人に記載されている仕事内容をよく確認する必要があります。

特に中小企業の総務の求人であれば人事や経理の業務を兼務する会社が多く、数多くの仕事の手順や仕事の知識を覚えなければいけません。例えば、下記の求人票は大阪に本社がある中小企業の総務経理の求人募集になります。

上記の求人票の企業へ転職した場合、商品・サービスの売上管理や従業員の勤怠管理、メール・電話対応、年賀状やお歳暮の対応など幅広く知識を身に付けながら仕事をこなしていくことになります。また総務の受付や電話の対応は範囲が広く、どこの部署も対応できないクレームなども総務で対応することになります。

私が総務で経験してきたクレームの中には「受付の態度が悪い」「代表電話の対応が悪い」といったクレームにまで対応したことがありました。

一方、社内の従業員からは「委託業者の対応が悪い」「使っているパソコンの調子がおかしい」などさまざまな問い合わせが総務に入り対応に追われることもありました。

ただ総務の仕事はクレーム対応ばかりではなく、誠実に対応することで特に社内の従業員から感謝される機会が多い仕事でもあります。パソコンの故障で困っている従業員がいれば一緒に解決方法を考えてあげることで「ありがとう」と感謝されます。

総務は多くの人と関わるポジションであるため大変な作業に追われることもありますが、誠実に対応した分感謝され仕事のやりがいに繋がる場面も多くあります。

採用する会社はフリーターの転職をどのように考えているか

基本的にフリーターを採用することが会社にとってプラスになると考える採用担当者はいません。

これまで社会人経験がない人を採用しても即戦力の人材として期待することはできず、人材教育の負担が大きくなると判断されるケースが多いです。

またフリーター歴が長くなると採用選考では不利になります。社会人として働くべき年齢にも関わらず、自分の都合で働きたいように働いているといったイメージがあるからです。

しかし今はフリーターであっても、採用選考の過程で将来的に社会人として活躍したいことをしっかりと伝えることができれば、たとえフリーターのあなたでも採用担当者は興味を持ってくれます。

そのため、総務の転職を目指すフリーターの人は面接官がどのような人材を採用したいと考えているかを事前に把握することで書類選考や面接の対策を練ることができます。

以下では、書類選考や面接の過程で採用担当者がチェックしているポイントについて解説します。

・責任を持って働いてくれる人であるか

採用選考の過程でフリーターの人は最後まで責任感を持って仕事に取り組める人材であるかが問われることになります。フリーターの人は「自分の都合を優先させてきた」というイメージを持たれやすいため、そのイメージを克服する努力が必要になります。

これまでにも説明したとおり、たとえ総務の仕事であっても状況によっては残業をしなければいけない日もあります。

例えば仕事後に友達と会う約束をしていても、総務のリーダーから「今日中に資料を作成してほしい」と頼まれたときは約束を延期して仕事を優先しなければいけません。

アルバイトであればシフト制で定時になるとすぐに帰ることができていたとしても、正社員となれば話が変わります。上司からどのような仕事を頼まれたとしても自分の都合を優先することなく、責任を持って仕事をやり遂げる行動力が求められます。

そのため採用選考では自分の都合だけを優先させずに責任を持って仕事をやり切ることを伝え、フリーターをしていたときの自分とは考えが違うことをアピールしていく必要があります。

・長く働いてくれる人を採用したい

これまでフリーターをしてきた人が、本当に長く勤めてくれる人材であるのかを採用担当者は見抜こうとします。企業が採用活動や人材教育に費やす時間や資金の負担は大きく、入社してすぐに辞められてしまうと企業にとっても大きな損失となるからです。

例えば、フリーターの人を総務で採用したとしても勤務時間内に仕事を教える時間が必要となるため、その時間分の人件費がかかることになります。

そのほか採用に費やした求人募集の広告費や雇用に関わる社会保険や雇用保険の手続きの費用も企業側の負担になります。このように総務の求人で1人採用するだけでも、企業は大きなコストをかけながら採用活動を行います。そのため、求人をかけるどの企業の採用担当者もできるだけ長く働いてくれる人材を採用したいと考えています。

しかしながら、フリーターと聞くだけでは「すぐに辞めてしまうのでは?」とイメージする採用担当者が多いのが現状です。そこで履歴書に書く志望動機(転職理由)を明確にすることで、転職した後も長く働いて活躍したいことをアピールしなければいけません。

フリーターから総務へ転職するための志望動機の例文

フリーターにとって書類選考の通過は、非常に難関で最も大きな壁となります。

そもそも正社員の求人募集で始めからフリーターを採用しようと考えている企業はありません。それは総務の求人でも同じです。そのため、採用担当者が「これまでの経歴はフリーターだが、将来的に活躍が期待できそうな人材」と感じるような履歴書を作成しなければいけません。

特に履歴書に記入する志望動機の欄は履歴書の中で最も重要な部分です。そのため、総務へ転職する志望動機は以下の3つのポイントを意識して作り上げてください。

  • なぜ、総務に転職したいのか
  • アルバイトで工夫してきたこと、学んだことはあるのか
  • アルバイトの経験や学んだことをどのように仕事に活かせるのか

上記のポイントを意識しながら、実際に経験してきたアルバイトの内容をもとにオリジナルの志望動機を作り上げるようにしましょう。以下は、総務への転職を想定してコンビニのアルバイト経験をもとに作成した志望動機例になります。

これまでアルバイトとしてコンビニで2年間働き、レジ業務や商品発注、商品陳列、売上管理、清掃業務などコンビニの運営に欠かせない業務をひと通り経験しました。勤めた店舗のターゲット層は「30代の女性」であっため、どのような化粧品や食品を陳列すれば売り上げに繋がるか店長に相談しながらアイデアを積極的に提案してきました。

今回の求人で御社が事業の拡大とともに増加する総務事務を効率化するために積極的にアイデアの提案ができる人材を募集していることを知り、応募いたしました。

これまでフリーターの身ではありましたが、店長とアイデアを出し合った経験や一緒に働くアルバイトの仲間たちと議論し合った経験を活かしたいと考えています。

上記の志望動機例のようにアピールポイントを「アイデアの提案」に絞ることで、採用担当者に自分の強みをアピールすることができます。ただし応募する求人によって求める人材が違うため、志望動機の内容は応募する企業ごとに変える必要があります。そのため、上記の志望動機の例文は参考程度にしてください。

なお上記に記載した志望動機の作り方のポイントとして挙げた「なぜ、総務に転職したいのか」については、いずれせよ面接で必ず確認されることになります。そのため、面接で聞かれたときに応えられるように回答を準備しておくようにしましょう。

フリーターが総務の転職面接で必ず聞かれるポイントを押さえる

書類選考が通過すると必ず面接が実施されます。書類だけではどのような人物であるか判断できない部分が多いため、面接で応募者の人物像が確認されることになります。

正直に話しするのは抵抗があるかもしれませんが、フリーターになった経緯についてはウソをつかずに正直に話すことが重要です。良く見せようとし過ぎて、見栄を張ってウソをつくのは止めましょう。

面接官は応募者の言っていることに矛盾がないか確かめるため、質問攻めしてきます。そこで正直に答えることで回答に矛盾が生じることはないため、逆に面接官に好印象を与えることができます。

例えば、「これまで就職活動はしなかったのか」「なぜ、総務に転職したいのか」この2つの質問は面接で必ず聞かれることになります。そのときは以下のように回答するとよいです。

  • これまで就職活動はしなかったのか
学生時代は就職活動に取り組んだものの、その当時は自分の目指す方向性が定まっていませんでした。何社か応募したものの結果的に内定をいただくことはできませんでした。
  • なぜ、総務に転職したいのか
事務職で働く友人から仕事の話を聞いたことがきっかけで事務職の仕事に興味を持ちました。御社の総務では人事、労務、経理など幅広くスキルを身に付けることができ、新しい仕事にも挑戦できる環境があることを知り深く関心を持ちました。

このように、フリーターになった経緯や総務に興味を持つようになったきっかけについては包み隠さずに回答するようにしましょう。

また質問されて分からなことがあれば、「そのことについては申し訳ございませんが分かりません。このあとすぐに調べて答えられるようにしたいと思います。」と回答すれば悪い印象を与えることはありません。

なお面接の前に自己PRや志望動機を丸暗記して面接に挑もうとする人が多いですが、逆に面接官にマイナスなイメージを与えてしまいます。

私が勤めていた大手企業で何人もの応募者の面談を担当してきた採用担当の上司は「事前に用意してきた自己PRや志望動機をそのまま覚えて面接に来る応募者がたくさんいて困っている。そのような応募者の言葉は人間味がなく逆に印象が悪い。それよりも自分の言葉で話している応募者の方が好印象である」と言っていました。

面接で伝えるべきポイントを押さえることは重要です。ただし丸暗記ではなく、フリーターになってしまった過去を反省している点や正社員としてしっかりと働いていきたいといった気持ちを素直に伝えられるように自分の言葉で話すことを意識するようにしましょう。

面接を受けるときは身だしなみを整える

もし書類選考が通過して総務の面接を受けに行くことが決まった場合、身だしなみに注意する必要があります。これまでフリーターとして働いてきた人は、アルバイトの面接は私服で受けた人が多いでしょう。

しかし、正社員採用として面接を受ける場合は男性・女性関わらず必ずスーツを着用しなければいけません。スーツを着て面接を受けることは、社会人として当たり前のマナーだからです。

また総務は組織全体を総括する部署として「企業の顔」と認識している社会人も多いため、なおさら身だしなみに気を付けなければいけません。そのため私服で面接を受けに行った場合は「非常識な人」と認識されてしまい、必ず面接で不採用となります。

スーツを持っていない人はお金がかかりますが、社会人のマナーとしてスーツを着用して面談に挑むようにしましょう。

フリーターから総務へ転職するときに使うべき転職サイト

ここで説明してきたことを実践すれば、何も対策せずに転職活動に挑むよりも確実に総務へ転職できる確率は上がります。

しかしながら、フリーターのほとんどの人が実際にどうやって転職活動進めればよいのか悩んでしまう現実があります。そこで、フリーターから総務へ転職する人の多くが転職サイトを活用しながら転職活動を行っています。

「フリーターでも利用できるのか?」と思う人は多いですが、転職サイトはフリーターの人でも対応してもらうことができます。また転職サイトを使うことで、自分の力だけでは知りえなかった総務の求人情報まで手に入れながら転職活動を行うことができます。そのためフリーターという状況だからこそ、転職エージェントをうまく活用しながら転職活動に取り組む必要があります。

ただし、CMや広告などでよく目にする大手の転職サイトは社会人経験のある人や将来的なキャリアアップやスキルアップを狙う人をターゲットにしています。そのため大手の転職サイトの場合、登録してもフリーターと分かった時点でまともに取り合ってくれないことがあります。

それに比べ、中小規模の転職サイトは大手の転職サイトに比べて扱う求人数は少ないですが、その分利用する転職希望者が少ない傾向にあります。このような中小規模の転職サイトであれば、1人1人の転職希望者に対する面談の対応やアドバイスが丁寧に受けられます。そのためフリーターの人は中小規模の転職サイトの方が相性が良い人が多いです。

また正社員採用の面談をこれまで受けたことがないフリーターの人は「どのように自己PRすればよいのか?」など不安になることが沢山あるはずです。そのようなときは登録した転職エージェントに遠慮することなく相談するようにしましょう。転職サイトでは、希望に沿った求人の紹介を受けられるだけでなく、履歴書の書き方や面接の練習まで対応してくれます。

ただ転職サイトの担当者と相性が合わないこともあるため、登録は1社に限らず3社以上の転職エージェントに登録するようにしましょう。そして転職サイトで相談するときは包み隠さずに本音で相談することで、フリーターであっても転職の失敗を防ぐことができるのです。

フリーターからの転職は根気が必要

フリーターから総務に転職することは簡単ではありません。正社員を目指して総務の転職活動を始めたものの、中々採用されないことから諦めてフリーターに戻ってしまう人がいるのも現状です。

諦めるのは簡単ですが後々後悔するような人生を歩みたくないのであれば、今気持ちを切り替えてフリーターの状況を抜け出す努力が必要となります。

またフリーターの転職活動では採用されることだけを必死に考えてしまうため、企業研究がおろそかになる人が非常に多いです。そうではなく、フリーターの人こそ応募する企業を1社1社調べ上げて「なぜ、その企業の総務に転職したいのか」をしっかりと考えなければいけません。

フリーターから正社員になることは決して強制ではありませんが、若いうちに正社員を目指さないと転職のハードルは年齢を重ねるごとに上がります。そのためフリーターの状況をどうにかして変えたいという気持ちがあるのであれば、ここで解説したことを参考にしながら今すぐ転職に向けて行動するようにしましょう。

事務転職で失敗しない転職サイトの活用法とは

事務転職を考えるとき、多くの人が転職サイトを活用します。ただ事務職は倍率が高く、簡単には転職できません。自力で転職先を探そうとしても、1件1件求人を見極めるには相当の労力を使います。またエントリー書類(履歴書・職務経歴書)の作成や面談対策、転職条件の交渉まで自ら行う必要があります。

しかし転職サイトに登録すれば、カウンセリング実施後にキャリアアドバイザーから転職条件に見合う求人を無料で紹介してもらえます。さらに履歴書や職務経歴書の添削、面談対策、転職条件の交渉まであなたの代わりに行ってくれます。

ただし、「多くの求人を紹介してくれる転職サイト」「カウンセリングに力を入れている転職サイト」「女性の転職支援に力を入れている転職サイト」など、選ぶ転職サイトによって特徴や強みに違いがあります。これらのことを理解した上で転職サイトを活用しなければいけません。

そこで以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの特徴や強みの違いを理解して活用すれば、事務転職の失敗を防ぐことができます。