40代で総務転職を考えるとき、年齢が転職の大きな障壁となります。採用活動を行う企業にとって40代の転職者を採用することは非常にリスクが高いといえます。

求人募集をかける企業の多くが、なるべく人件費を抑えながら優秀な人材を獲得したいと考えています。そのため、将来的に活躍が期待できる20代など若い年齢の転職者を採用する方がメリットは大きいと考える企業が多いことを認識しなければいけません。

しかしながら、40代の総務転職を実現させることは不可能ではありません。このような事実がありながらも、難しい40代の総務転職を実現させている方がいるのも事実です。

ここでは、40代の総務転職に必要な正しい知識と考え方について述べていきます。

40歳・45歳の中高年が総務の転職に踏み切る理由とは

まず、40歳・45歳の中高年の方が総務の転職に踏み切る理由は何でしょうか。長い社会人経験があるからこそ「もっと評価される企業へ転職したい」「社長や企業が目指す方向性に疑問を感じる」など、企業の取り組みについて違和感や不安を強く感じる方がいます。

このような疑問や不安を解決する手段として転職を検討することになります。

しかしながら転職市場では、年齢は若ければ若いほど需要が多く有利になるため、40代の転職はリスクを伴います。特に子どもがいる家庭では生活費や教育費の負担を支えるための収入を維持しなければいけないため、40代からの転職は慎重になるものです。

ただ世の中にはそのようなリスクを背負ってでも転職に踏み切る転職者がいます。そこでここでは、40歳・45歳の中高年の方が総務の転職に踏み切る理由がどのようなものであるかについて述べていきます。

管理職としての総務のキャリア形成を考え直す

長年のキャリアを積み上げて部下を何人もマネジメントしてきた経験があったとしても、仕事内容に違和感を感じてしまうことがあります。管理職やマネージャーなど立場によって違和感の内容は変わりますが、以下のようなものがあります。

  • 管理職の立場なのに現場の対応にほぼ毎日追われている
  • アドバイスしても部下のやる気がなく、総務チームの士気が低い

上記のような状況が変わらない日々が続いたときに、今の現状を変えるために自身のキャリア形成を考え直したいと強く思い、転職に踏み切ることになります。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある大手建設企業の総務管理職候補の求人募集になります。

もし管理職の経験やマネジメント経験を活かして転職を狙う場合は、上記のような求人を中心に探すとよいです。これまでチームメンバーをまとめてきた実績と総務の実務経験があれば即戦力として採用される可能性があります。

ただし、上記のような求人募集の場合は管理職候補としての採用となるため採用後は管理職としてではなく、チームマネージャーとして配属される可能性があります。まずは現場のマネジメントを経験してから実績次第で管理職へ昇進するケースが考えられます。

もちろん管理職の候補としてではなく、管理職としての募集も中にはあります。これまでの実務経験と将来的なビジョンを基準にして、最適な求人を選択するとよいです。

また、管理職としてではなく株主総会運営事務やIPO(新規株式公開)など専門的な知識を活かしてチームリーダーを務めてきた40代の方もいるでしょう。そのような方の中には「管理職のポストが埋まっていてキャリアを形成することができない」と考え、管理職になることを目指して転職する方もいます。

企業運営の将来に不安を感じる

また企業の将来が不安に感じて転職を決断する40代の方も多いです。例えば、大手企業や中小企業に関わらず社会情勢の影響を受けて世の中に提供している商品やサービスの売れ行きが悪くなることがあります。

このようなとき、総務は企業組織を管理する立場として経営状況に関わる情報が真っ先に入ってきます。また、総務は経営改善策としてリストラ実行の検討や人件費の削減などネガティブな政策に関わる環境でもあります。

特に総務の管理職の立場にある方は、このようなネガティブな政策について直接関わることになります。そのため、「近い将来に給料が減るのでは?」「このまま働き続けることはできるのか?近い将来会社が潰れてしまうのでは?」と、企業の将来が不安な状況に直面したときに転職を考えることになります。

家庭の事情(介護)で働き方を変えなければいけない

親の体調が急に悪くなり、看病が必要となったときに転職を余儀なくされることがあります。

40代になると、親の年齢が70歳を超える方が増えてきます。もちろん高齢になると免疫力が低下するため、病気のリスクが高まります。

親の体調がいつ悪くなるかなど予測できません。もし突然そのような状況になった時に、まずは転職せずに介護できるか検討することになります。ただ家から職場までの距離が遠かったり、残業が多い職場の場合は働き方を変えたりするために転職を選択する方がいるのも事実です。

実際に私の職場でも突然親の介護が必要となり、デイサービスを利用しながら働いていた上司がいました。しかし、家から職場までの距離が遠く負担が大きいという理由で実家近くの企業へ転職してしまいました。

このように40代になると、家庭の事情で働き方を変えざるを得なくなる方もいるのです。

40代総務転職の失敗を防ぐ正しい考え方

40代を過ぎると転職の実現が非常に難しくなります。40代の総務の求人数は20代や30代と比較すると少なくなります。さらに、求められる経験内容や実務スキルのレベルは高くなります。

また、たとえ総務の経験や実務スキルが豊富な40代の方が転職に挑んだとしても、選考で不採用となるケースもあります。そのため、40代の総務転職の失敗原因にどのようなものであるか事前に知ることで、転職で失敗するリスクを抑えることができます。

そこで以下では、40代の総務転職の失敗を防ぐ正しい考え方について順に述べていきます。

・転職条件のこだわりを持ち過ぎない

まず、40代中高年の方が総務の転職にチャレンジするときはこだわりを持ち過ぎないことが大切です。転職は応募者と採用する企業の双方の合意があってこそ成立するものだからです。

例えば、「株主総会運営事務のリーダーを10年勤めてキャリアを積んできている。その分年収アップを狙いたい」など、自身の理想だけを押し通そうとしてはいけません。これを聞いた面接官は、「仕事内容よりも年収を優先する人なのか?」と、マイナスなイメージを持ってしまいます。

応募者がこだわりを持ち過ぎ、条件を曲げないような態度を取ってしまうと、面接官に「難しい人(扱いづらい人)」と判断され不採用となる確率が高くなります。

40代の総務転職で失敗しないためには、企業側の立場を考えて組織発展のために自身は何ができるのかを考えましょう。

・年収が下がることを覚悟する

40代で子どもがいる家庭の場合、養育費など金銭面の負担が大きくなります。そのため、なるべく年収を下げずに転職したいと考える方が多いです。

応募企業から期待されるような総務の実務経験やスキルを持っている場合、年収アップを実現させることができるかもしれません。しかし、そうでない場合は良くても前職の年収を維持する程度でしょう。転職する条件によっては年収が下がる方もいます。

例えば、下記の求人募集は東京に本社がある中小企業の総務管理職の求人募集になります。

上記の求人募集の企業へ転職した場合、年収は500~749万円が条件となります。もし前職が同じく総務の管理職で年収が600万円であったとしても、転職後に年収が500万円に下がる可能性もあります。

そのため転職する直前まで総務の管理職だったとしても、転職の条件によっては年収が下がる可能性があることも認識するようにしましょう。年収にこだわり過ぎて、転職の機会を逃がしてしまう方は多いです。

お金は大事ですが、転職では年収がすべてではありません。むしろ、これまでの総務の実務経験を転職先でどのように活かして貢献できるか考えることの方が重要なのです。

40代の総務転職を実現させるための条件を知る

では、実際に40代で総務転職を実現させるためにはどのような条件が必要か気になる方も多いでしょう。40代になると、長年の経験を活かして総務の管理職やマネージャーとして活躍する方がいます。

そのため40代の総務転職では、総務の実務経験や高度な専門知識だけでなく、マネジメント経験を求める企業が多いです。また転職後の企業でも、総務チームの責任者として従業員をまとめ上げ、いかに組織目標の達成に導くことができるかが問われることになります。

そこでここでは、40代で総務転職を実現させるための条件がどのようなものであるかを実際の求人票を参考にしながら解説していきます。

管理職やマネージャーとしての経験を活かす

前職で総務の管理職を経験してきた方や総務チームのマネージャーとして部下をまとめてきた方であれば、たとえ40代であったとしても実務経験を活かした転職を実現させることが可能です。

もし、これまで総務の管理職として部下をまとめ上げてきた経験や、株主総会運営事務など高度な専門知識を必要とする総務事務のマネジメント経験があれば、そのような強みが活かせる求人募集がないか確認するようにしましょう。

例えば、下記の求人募集は京都に本社がある上場企業の求人募集になります。

これまで総務の管理職やマネージャーの立場として部下を取りまとめてきた経験のある方であれば、上記のような求人募集にチェレンジすることが可能です。

ただし前職で総務の管理職の経験があるからといって、転職先でも管理職の求人を選択することが必ずしもよいわけではありません。

応募する企業の状況や転職者自身の考えによっては、管理職の経験や知識を活かして専門的な総務事務のスペシャリスト(株主総会運営、ファシリティマネジメント、IPO)を目指すなど、選択肢の幅を広げて転職先を検討するようにしましょう。

専門的な総務の実務経験を活かす

また株主総会運営、ファシリティマネジメント、IPOなど総務の専門的な知識や経験が必要とされる業務を長年積み上げてきた方であれば、40代であっても転職できる可能性があります。

例えば、下記の求人募集は東京に本社があるベンチャー企業の総務マネージャーの求人募集になります。

上記の求人募集に応募する場合、上場企業での株主総会や取締役会の事務局の経験者であることが応募条件となっています。そのような実務経験やマネジメント経験がある方であれば、たとえ40代であったとしても転職にチャレンジする価値はあります。

ただし、総務事務の中でも庶務業務・雑務など、専門的な知識を必要としない事務しかせずに40代を迎えている方の転職は現実的ではありません。そのような業務は誰にでも行うことができ、40代の転職者として採用するメリットがないからです。

つまり、40代の転職では採用する企業にとって即戦力で有益となる人材でなければ採用されることがないのです。

40代未経験で総務の転職は難しい?

中には、40代の総務未経験者が転職を実現させることは難しいのか気になる方もいるでしょう。結論から言いますと、40代の総務未経験者で転職が成立する可能性はほぼありません。

40代の総務未経験者が転職できない理由として、以下のような理由があります。

  • 同じ総務未経験者であれば、将来的に有望な20代や30代前半の若い転職者が有利
  • 40代で総務の実務経験がないことは、採用する企業側にとってもリスクが高い

このようなことから、40代の総務未経験者が転職しようとしても採用選考で通過することがほとんどありません。

ただし、長年の社会人キャリアで企業に大きく貢献した経験がある方は企業からの評価が非常に高いです。「業務の効率化を率先して進めた結果、従業員の残業時間を大幅に削減した」など面接官の目を引くような実績のある方であれば、40代の総務未経験者であっても転職が実現することもあります。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある上場企業の総務マネージャー候補の求人募集になります。

上記のような求人票であれば人事、経理、法務などの管理部門で実務を積み上げてきた方であれば、40代の総務未経験者であったとしても転職できる可能性があります。

ただしこのような求人は非常に少ないのが現状です。また、同じような管理部門を経験してきた20代や30代の未経験者がいる場合は、将来性のある若い年齢の転職希望者が優先される確率が高いことを認識しましょう。

総務転職の面接時に注意すべき点

このとき、40代で総務の転職を実現させるためには、当然ながら採用選考を通過しなければいけません。

40代の転職では求められる経験やスキルのレベルが20代や30代に比べると高くなり、業務の高度な専門知識が求められます。そのため、特に志望動機についてはあらかじめ時間をかけて戦略的に練る必要があります。

志望動機は書類選考で提出する履歴書に記入が必要となり、面接でも必ず確認されることになります。応募者の転職したい理由が志望動機に集約されているため、企業の採用担当者はそこから応募者の本気度を探ろうとします。

また転職のきっかけとなる理由は人それぞれですが、その理由をそのまま志望動機にしてはいけません。

実際に「仕事内容に不満があった」「昇進のポストがない」といったような事実はあったかもしれません。しかし、マネジメントの立場から「どのようなことに取り組みたいのか」「どのようなビジョンを持っているのか」を明確な志望動機として伝えることができなければ採用選考を通過することができません。

そのため40代の総務転職の志望動機は、マネジメントの立場からどう貢献したいのかを具体的に述べるようにしましょう。

例えば、下記の志望動機例は40代総務の管理職経験者が転職することを想定したものとなります。

前職の企業では総務部に10年間在籍し、直近の3年間は管理職の立場として6名の部下がいる総務チームのマネジメント業務に携わってきました。

総務チームのマネージャーのときから従業員が課題に対して自由に発言できる場が少ないと感じていました。そこで自身が管理職の立場になってからは総務チームの部下が現状課題について自由に発言できる話し合いの場を提供してきました。

結果として私自身では気付かない新しい視点のアイデアやネタを発掘することができ、働き方改革の実現に向けた議論を活性化させることにも繋がりました。

このような経験をさらに発展させてチャレンジできる環境に転職したいと考えていたところ、離職率3%以内を目標に掲げてこれから本格的に働き方改革に取り組む御社の求人募集が目に入りました。

御社が開発しているITソフトウェアは人の命を助けるAEDに導入されており、社会的な価値は非常に高いと認識しています。働き方改革のプロジェクトメンバーの一員として離職率低下の取り組みに果敢にチャレンジし、さらには御社の事業発展に貢献したいと思い志望しました。

このように、自身の中でブレない明確なビジョンや考えを志望動機として面接官に伝えることが重要です。

上記の志望動機例は管理職の立場を想定して作成したものですが、これまで総務マネージャーとして活躍してきた方や株主総会運営事務などの専門的な業務の一線で活躍してきた方は、それぞれの経験をもとに志望動機を作成する必要があります。

強い意志を持たなければ、40代の転職は実現しない

40歳や45歳など、40代で転職に踏み切る場合、家族や周りの友人から「この年齢で転職して大丈夫なのか?」と心配されます。それを聞いて転職をしようか迷うのであれば、転職しない方がよいです。

自身の意志で転職を決めない方は転職で失敗したときに周りのせいにするため、社会人としてそれ以上の成長が望めないからです。

転職は友人や家族のためにするものではなく、自身を基準に考えなければいけません。そのため、将来的なキャリアビジョンを明確にして心配する家族や友人を説得するぐらいの強い意志を持たなければ、40代で総務の転職を実現させることはできないでしょう。

また40代に入ると総務転職の求人数は少なくなり、自身の力だけで求人情報を収集するためには膨大な時間を要します。そこで、効率よく求人情報を収集するために転職サイトに登録し、自身に見合った求人を探すようにしましょう。

転職は年齢が若い方が需要があるため、同じ40代であっても転職に踏み切る場合はなるべく早く決断した方がよいです。

そうして転職を決断したのであれば、これまでの実務経験やスキルと照らし合わせながら応募する企業を見極め、採用を勝ち取りにいく準備を進めていきましょう。

事務転職で失敗しない転職サイトの活用法とは

事務転職を考えるとき、多くの人が転職サイトを活用します。ただ事務職は倍率が高く、簡単には転職できません。自力で転職先を探そうとしても、1件1件求人を見極めるには相当の労力を使います。またエントリー書類(履歴書・職務経歴書)の作成や面談対策、転職条件の交渉まで自ら行う必要があります。

しかし転職サイトに登録すれば、カウンセリング実施後にキャリアアドバイザーから転職条件に見合う求人を無料で紹介してもらえます。さらに履歴書や職務経歴書の添削、面談対策、転職条件の交渉まであなたの代わりに行ってくれます。

ただし、「多くの求人を紹介してくれる転職サイト」「カウンセリングに力を入れている転職サイト」「女性の転職支援に力を入れている転職サイト」など、選ぶ転職サイトによって特徴や強みに違いがあります。これらのことを理解した上で転職サイトを活用しなければいけません。

そこで以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの特徴や強みの違いを理解して活用すれば、事務転職の失敗を防ぐことができます。