事務職の転職を考えるとき、多くの人が転職サイト(転職エージェント)を利用します。自力で高倍率の事務職へ転職することは、あまり現実的ではないからです。

また最適な求人へ転職するためには、あなたが希望する労働条件の交渉が必要になります。そうしたとき転職サイトを活用すれば、担当のキャリアアドバイザーが代わりに条件交渉を行ってくれます。

さらに事前に書類選考や面接の対策まで行ってくれるため、効率良く転職活動するためには転職サイトの活用が欠かせません。

しかし、事務の転職に対応する転職サイトは非常に多くの種類があり、その中から自分に合う転職サイトを絞る必要があります。また、どのような転職サイトを活用すれば自分に見合う求人を見つけることができるのか事前に理解しなければいけません。

そこでここでは、事務の転職で活用すべきおすすめの人気転職サイトをランキング形式で述べていきます。

転職サイトを利用するときの注意すべきポイント

まず、転職サイトを利用する場合は1社だけ登録するのではなく、必ず複数登録するようにしましょう。1社だけの登録を避けた方が良い理由として、主に以下のような理由が挙げられます。

  • キャリアアドバイザーとの相性が必ずしも良いとは限らない
  • 1社だけに絞ると、転職情報に偏りが生じる
  • より多くの求人情報から気になる企業を選べる

転職サイトは無料で利用することができるため、最適な求人を選ぶためにも3社以上登録しておくことが必須です。このようにして、他のサイトと比較しながら自分に最も合う転職サイトを絞り込むことで転職の失敗を防ぐことができます。

また、口コミで評判の良い転職サイトだからといっても、人によって転職条件が異なるため、あなたにとってベストな転職サイトはそれぞれ違ってきます。そのため実際に複数の転職サイトを利用し、自分にとってベストな転職サイトを見極めていくことが重要になります。

なお、転職サイトを利用するときは転職コンサルタントに頼り切ってはいけません。あくまでも転職サイトは、あなたに最も見合う求人を見つけるための手段だと考えるようにしてください。

最終的にどの求人に申し込むかは、あなた自身で判断するようにしましょう。

・転職サイトごとに強みや特徴がある

また、それぞれの転職サイトにも強みや特徴があるため、これらの違いについて理解を深めた上で転職サイトを利用しなければいけません。例えば、以下のような特徴の違いがあります。

  • 取り扱う求人数
  • 求人の業界・業種の幅の広さ
  • キャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれるか
  • 女性の転職支援に力を入れているか
  • 入社後のフォローアップを受けることができるか
  • 労働条件など条件交渉をしっかり行ってくれるか

これらのポイントについて、転職サイトごとの特徴を事前に理解した上で登録する必要があります。

事務職の転職でおすすめの転職サイトTOP5

こうしたことを踏まえ、事務の転職で特に人気のある転職サイトとして、以下の5つがあります。

  • doda(デューダ)
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア
  • Type女性の転職エージェント
  • リクルートエージェント

まず、これまでの事務職の経験やスキルを活かした転職先を探す場合は、dodaの利用がおすすめです。業界トップのリクルートエージェントに次ぐ求人数を誇り、多くの求人の中から希望の転職条件に合う求人を選ぶことができます。その中でも実務経験者向けの求人が多いため、ある程度事務職を経験してきた人が利用するのに向いています。

また社会人経験が比較的に浅い人は、マイナビエージェントの利用を検討するようにしましょう。特に新卒学生向けの就職サービスが有名であり、相談に乗ってくれる転職コンサルタントも比較的に若い人が多く、転職の悩みを相談しやすい環境といえます。

このほか、転職活動が初めての人や転職活動に不安がある人はパソナキャリアの利用がおすすめです。転職サイトでは珍しく「求人を出す企業側を担当する人」が専門でいるため、企業情報を引き出したうえでマッチングしてくれます。

一方でType女性の転職エージェントは、他の転職サイトと比較しても女性のキャリアアドバイザーの割合が圧倒的に多く、女性は安心して転職の悩みを相談することができます。女性の転職支援に特化しているため、女性が相談しやすいように工夫された転職支援サービスを展開しています。

また、より多くの求人情報を得ながら転職条件に合う企業へ転職したい人は、保有する求人数・転職実績ともに転職エージェント業界トップのリクルートエージェントの利用がおすすめです。

おすすめの事務転職サイトランキング一覧

なお、当然ですが転職サイトに申し込む場合は、それぞれ転職サイトごとの強みや特徴をより詳しく理解した上で登録する必要があります。

そこで以下では、それぞれの転職サイトの詳細について述べていきます。1~5位までランキング形式にしていますので、登録の参考にしてください。

 doda(デューダ)

事務職の経験やスキルを活かしたい人におすすめ

「大人の進路相談」をキャッチフレーズにする転職サイトdodaは、CMや広告で見かけたことがある人は多いでしょう。

転職に興味のある人であれば、dodaは誰もが知っている有名な転職サイトの1つです。パーソナルキャリア株式会社が長年の人材派遣サービス、人材紹介サービスの実績をもとに2007年から本格的に開始した転職支援サービスが「doda(デューダ)」です。

dodaが扱う求人は特に実務経験者向けの求人が多く、20代後半または30代の事務経験者で、実務経験やスキルを活かせる企業へ転職したい人に向いています。そのため、他の転職エージェントと比較して年収が高い求人の割合が高く、年収アップを狙いたい人もdodaの利用がおすすめです。

ただ、未経験で事務職への転職を目指す人にとっては応募できる求人の割合が低いため、他の転職サイトと比較して物足りなさを感じることもあります。

また、転職エージェント業界ではリクルートエージェントに次ぐ求人数を誇り、他の転職サイトと比較しても求人の数は圧倒的に多いのが特徴的です。求人数が多ければ、より多くの求人の中から転職先の候補を選べるため、転職先の候補を増やしたい場合はdodaの利用は必須といえます。

さらに、企業からのスカウトメールサービスが充実しており、転職コンサルタントからの求人紹介に加え、より多くの求人に目を通すことができるように工夫されています。

なお、dodaの転職支援サービスを利用して転職した場合、入社後も1年間はフォローアップを受けることができます。実際に転職した後の仕事の状況や待遇について、転職先の職場で話しにくい内容も担当のキャリアアドバイザーに相談することができるため、転職者にとって心強いサービスといえます。

保有求人数 約140,000件
対象地域 全国
おすすめの人 20代後半・30代前半の事務経験者

  マイナビエージェント

若い世代の認知度が高く、20代や第二新卒向けの求人が豊富

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営している転職サイトです。

特に若い世代の人であれば、学生の就職支援サイトの「マイナビ」を利用して知る人が多く、知名度・ブランド力があるため、安心して利用することができます。転職エージェント業界では後発になりますが、これまでの転職サイトの実績を活かした転職支援サービスを展開しており、非常に勢いがあります。

マイナビエージェントでは、第二新卒や20代向け求人を多く扱っており、特に第二新卒対象とした大手企業や優良企業の求人紹介に力を入れています。そのため、第二新卒としてマイナビエージェントを利用した人からの評判は高い傾向にあります。

一方、大手や人気企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業に目を向ける若者も増えていることから、中小企業やベンチャー企業の求人情報も豊富です。

また、他の転職サイトと比べて年齢が若く、熱意のあるキャリアアドバイザーが多いのも特徴的です。そのため、第二新卒や20代の転職希望者にとっては親近感があり、「面倒見が良い」と評判です。

ただし、30代以降の転職希望者からは「自分のニーズに合う求人の提案がなかった」と評価する利用者もいるため、30代以上やハイキャリア向けの求人は少し物足りなさがあります。

さらに、長年の取引実績からマイナビを利用して求人募集を出す企業の担当者と強い繋がりを持っており、現場のリアルな情報や職場の雰囲気について事前に確認することができる求人も多くあります。そのため、求人情報だけでは知り得ない情報を得ることができ、企業選びや書類選考、面接対策に役立てることができます。

なお、マイナビエージェントでは未経験の求人も多く扱っているため、これまで事務職の経験がない人でも手厚くサポートを受けながら転職活動に取り組むことができます。

保有求人数 約40,000件
対象地域 全国
おすすめの人 社会人経験の浅い20代、第二新卒者

 パソナキャリア

転職活動に不安があり、ミスマッチを防ぎたい人におすすめ

パソナキャリアは、大手人材派遣企業の株式会社パソナが運営する転職サイトです。

特に初めて転職サイトを使う人や転職に失敗したくないと考えている人で転職活動に不安がある人は、パソナキャリアの利用がおすすめです。パソナキャリアでは、転職によるミスマッチが生じないように最善を尽くす体制が整えられているため、転職活動に不安がある人でも安心して利用することができます。

例えば、パソナキャリアでは「どのような条件で転職したいのか?」「転職して何を実現したいのか?」という求職者のニーズを引き出すために、ヒアリング重視の面談が実施されます。年収アップを目指す人であれば「なぜ、年収アップを目指すのか?」、スキルアップを目指す人であれば「スキルアップしてどうなりたいのか?」といった求職者が転職したい本質的な理由まで一緒に考えてくれます。

また、パソキャリアでは「人材を確保したい」と考える企業の人事担当者へアドバイスする専門部署があり、そこに面談で引き出された求職者のニーズや情報が共有され、数ある求人の中から最も条件に見合う企業を紹介してくれます。

さらに目先の転職だけでなく、「今すぐ転職することは考えていない」「転職しようか迷っている」など転職する時期や目的が明確になっていない人でも相談を受けてくれます。そうして相談する相手に合わせて転職する時期や転職しない選択肢も含めて、プロの目線からアドバイスを受けることができます。

大手転職エージェントでも転職ありきで話を進めるキャリアアドバイザーが多い中、パソナキャリアのように転職しない選択肢まで含めてアドバイスする転職エージェントは非常に珍しいです。このように求職者に寄り添う転職支援サービスを行っていることから、パソナキャリアの利用者の多くが口コミで「キャリアアドバイザーの対応が親切で丁寧」と評価しています。

なお、パソナキャリアは年齢・ポジション・役職に関わらず求職者であれば柔軟に対応してくれるため、20代から40代を超える転職まで幅広い転職支援の実績があります。ただし、リクルートエージェントやdodaと比較すると求人数が少ないため、利用者によっては希望する条件を満たす求人が見つからない求職者がいるのも事実です。

保有求人数 40,000~50,000件
対象地域 全国
おすすめの人 20~40代で初めて転職する人、20代~30代前半の事務未経験者

 リクルートエージェント

多くの求人情報から転職条件に合う企業へ転職したい人におすすめ

リクルートエージェントは、人材派遣業界最大手リクルートグループの株式会社リクルートキャリアが運営する転職サイトです。

求人数、転職実績数、取引実績数全てにおいて、転職エージェント業界トップの圧倒的な実績を誇ります。dodaやマイナビエージェントと同様に知名度が非常に高く、転職に関心のある人であれば誰もが知っているでしょう。

リクルートエージェントを利用する最大のメリットは、他の転職サイトを寄せ付けない圧倒的な求人数を保有しているところにあります。非公開求人だけでも20万件以上の求人を扱うため、「他の転職サイトで紹介できないような求人案件もリクルートエージェントであれば紹介してくれた」といった口コミや評判は多いです。

またリクルートは大手企業だけに、キャリアアドバイザーも優秀な人材が多いです。さらに、これまでの長年の転職実績から多くの企業と信頼関係が築き上げられているため、転職条件(年収や勤務時間など)を実現させるための交渉力が他の転職エージェントと比べ強いです。

しかし、リクルートエージェントを利用した人の中には「キャリアアドバイザーの当たり外れが大きい」と意見する人も多く、手厚いサポートを確実に受けたいと考えている人にとっては不満を感じることもあります。基本的に面談時に転職スケジュールをある程度固めてしまうため、短期間で転職先を決めたい人には向いていますが、自分のペースで転職活動を進めたい人には強引な印象を与えることもあります。

なお、リクルートエージェントは仕事が忙しい転職希望者に配慮し、平日の20時以降や土日に面談を予約することも可能です。このように休日に面談が受けられる転職サイトは珍しく、たとえ面談の日程調整が難しくても、電話でキャリアアドバイザーに相談することもできます。

保有求人数 約330,000件
対象地域 全国
おすすめの人 20代後半~40代の事務経験者