事務職へ転職を考えるとき、多くの人が利用するものとして転職エージェントがあります。中でもリクナビエージェントやdodaなどが大手転職エージェントとして有名ですが、こうした一角にマイナビエージェントがあります。

マイナビエージェントは学生の就職活動を支援してきた長年の実績を活用し、転職エージェント業界では後発ながらも急成長しています。当然ながら信頼性の高い転職エージェントでもあるため、20代や第二新卒を中心に多くの求職者が利用しています。

ただし、マイナビエージェントには強みもあれば、弱みもあります。そのため、それぞれの転職エージェントの違いを理解した上で利用しなければいけません。

そこでここでは、マイナビエージェントの評判・口コミやサービス内容の特徴について解説していきます。

20代・第二新卒向けの求人に強いマイナビエージェント

これから事務転職を考えるとき、20~30代前半の求職者の多くがマイナビエージェントの利用を検討します。新卒学生の就職支援サイトの運営に力を入れてきたマイナビは、特に若い世代から認知度が高く、信頼のおける企業として認識されています。

私も大学生の就職活動の時期にマイナビやリクナビの就職サイトを頻繁に利用して、情報を仕入れながら就職活動に取り組んでいました。このように新卒就活生としてマイナビを利用したことがある人にとっては信頼できる企業であるため、転職を考えるときに馴染みのあるマイナビを利用すれば安心感もあります。

また、マイナビエージェントも若い年齢層を中心に支援してきた実績が強みであると認識した上で転職支援サービスを展開しています。

そのため、マイナビエージェントでは若い年齢層をターゲットにした求人を豊富に揃えています。

なお、同じ20代でも社会人経験が浅い20代前半と、ある程度実務を積んだ20代後半の転職では求められる経験やスキルが違います。そこで、マイナビエージェントでは社会人経験の浅い第二新卒(社会人経験3年以内)を対象にした転職支援にも力を入れています。

このようにマイナビエージェントでは、第二新卒者をターゲットに採用活動する企業と提携し、第二新卒者向けに求人情報を提供しています。例えば、以下はマイナビエージェントに掲載されていた「東京が勤務地の第二新卒者を対象とした事務職求人」になります。

上記求人のように、第二新卒者を対象とした求人はポテンシャル採用であるため、即戦力となるスキルよりも意欲や熱意を含めた将来性が評価されます。そのため、新卒社会人として就職してみたものの1~2年で転職することを考える場合は、これまで多くの第二新卒者を転職支援してきたマイナビエージェントの利用がおすすめです。

大手企業だけでなく、中小企業の案件にも強い

転職エージェント業界の中でも後発であるマイナビエージェントは、同じ業界大手のリクルートエージェントやdodaと比較すると保有している求人数は少ないです。希望条件に見合う求人を見つけることを考えると、求人数が多いことに越したことはありません。

しかし、どれだけ希望条件に合う求人が見つかるかが重要であるため、あなたが希望する転職条件の内容によってはマイナビエージェントで最適な求人が紹介される可能性もあります。またマイナビエージェントでは、長年の学生就職支援の実績があるため、大手企業から中小・ベンチャー企業、外資系企業まで多くの企業との取引実績があります。

このように幅広い職種の求人を管理し、各企業の人事担当者との強いコネクション(繋がり)を持っていることがマイナビエージェントの強みです。例えば、下記の求人票は大阪が勤務地となる大手(大手系列)企業の事務職求人になります。

大手企業や大手系列企業の事務職を目指す人は、マイナビエージェントで管理している上記のような求人へ応募することになります。

しかし、日本にある企業の約99.7%が中小企業であるため、当然マイナビエージェントで扱っている多くの求人が中小企業の求人です。そのため、大手企業にこだわりすぎるとあなたのスキルや転職条件に該当する求人が見つからない可能性もあるため、注意が必要です。

非公開求人で事務転職の可能性を広げる

なお、マイナビエージェントでも他の転職エージェントと同様に非公開求人を多く保有しています。この非公開求人を紹介してもらうためには、転職エージェントへの登録が必須となります。

また、企業が求人を非公開にする理由はいくつかありますが、以下のような理由が考えられます。

  • 大手企業や人気企業が公募すると応募が殺到するため
  • 競合他社に採用情報が漏れるのを防ぐため
  • 急な異動や退職による欠員補充に対する採用活動の手間を省くため

マイナビエージェントの転職サイトで事務職の求人を検索することも可能ですが、公開されている求人の数は求人全体の2割程度です。

上記に記載されているように、マイナビエージェントが保有する求人全体の約8割が非公開求人であるということを認識しなければいけません。

事務職は人気があり、営業職やサービス業のようにポストが空く確率が低いため、転職の倍率が非常に高いです。そのため、マイナビエージェントが独占する非公開求人も含めて転職活動に取り組むことで、事務転職を実現させる可能性を高めることができます。

若く熱意のあるキャリアアドバイザーが多い

マイナビエージェントは若い年代の20代や30代前半の求職者を主なターゲットにして転職支援しています。そのため、担当に就くキャリアアドバイザーも他の転職エージェントと比較すると全体的に若く熱意のあるキャリアアドバイザーが多く在籍しています。

実際に私がマイナビエージェントを利用した当時は20代後半でしたが、担当してくれたキャリアアドバイザーの男性はあまり年齢差を感じないぐらい若い印象を受けました。

初めてのカウンセリングでも私の話を真剣に聞いてくれて、とても親近感を持つことができました。また実際に会って相談しているときだけでなく、求人情報や応募方法で分からないことをメールで質問したときも、営業日であればその日中に返信を返してくれていました。

同じようにマイナビエージェントを利用した人の中には、以下のように評判・口コミでキャリアアドバイザーの対応について高く評価している人もいます。

しかしながら、利用する人によっては「連絡を密に取らされる」「キャリアアドバイザーが年下だと頼りない」とマイナスなイメージの評価をする利用者もいます。人それぞれ転職活動に対する価値観に違いがあるため、熱意を持って接することが逆に裏目に出てしまい悪い評価に繋がることがあるのも事実です。

例えば、マイペースで転職したいと考えている人に対して次から次へと求人の提案をしたときに、押し付けられているような印象を受ける求職者も中にはいるのです。

ただマイナビエージェントのキャリアアドバイザーも全く悪気があるわけではなく、利用者を真剣に転職支援したいと思って行動している人が多いという事実に違いはありません。

全国に支店はあるが、求人は関東に集中している

大手転職エージェントのマイナビエージェントには多くのキャリアアドバイザーが在籍しており、全国に転職支援を受けられる支店が設置されています。中には地方での事務転職を目指す求職者もいるため、全国で同じように転職支援を受けられるマイナビエージェントの存在価値は大きいです。

マイナビエージェントでは、以下のとおり全国10拠点で転職支援サービスが受けられるように支店(オフィス)が設置されています。

北海道地方 札幌
関東地方 東京(京橋) 東京(新宿) 横浜
中部地方 静岡 名古屋
近畿地方 京都 大阪 兵庫
九州地方 福岡

ただし支店が設置されている地域からも分かりますが、10拠点のうち3拠点(東京、横浜)が関東に集中しているため、関東近辺の求人が最も多いことが分かります。

他の転職エージェントでも同じことがいえますが、都心近辺や地方都市(大阪、名古屋、福岡など)に人や会社が集まっているため、地方よりも転職が盛んに行われているからです。そのため、いくら転職エージェント業界大手のマイナビエージェントであっても、あなたの住んでいる地域や求める転職条件によっては求人紹介を受けられない場合もあることを事前に理解しておかなければいけません。

例えば、以下の内容は私の友人が実際にマイナビエージェントに登録した際に、求人紹介を断られたときのメールになります。

このメールを受けた女性の友人は都内で営業事務の仕事をしていましたが、家庭の事情で地元の兵庫県の田舎町に帰ることになり、マイナビエージェントを利用したそうです。話を聞いてみると、以下のような希望条件で申込みをしたとのことでした。

  • 職種は営業事務
  • 年収は400万円以上
  • 他の職種は希望しない
  • 通勤時間は車で片道60分以内

電話でも確認したそうですが、希望条件を満たす求人がないという理由で紹介を断られたと言っておりました。

このように、「希望する条件の求人を紹介することができない」と転職エージェントが判断し、求人紹介を断られるケースもあるということを認識しておきましょう。

未経験の求人が多く、キャリアチェンジを目指しやすい

また求職者の中には、事務職へキャリアチェンジすることを考える人もいるでしょう。

ただ、これまで事務職を経験したことがない人は未経験の職種への挑戦となるため、本当に転職先があるのか不安になるものです。そこで、未経験で事務職への転職を考えているのであれば、マイナビエージェントの利用を検討すると良いです。

これまでにも説明したとおり、マイナビエージェントは20代や第二新卒など若い世代の転職支援に力を入れています。そのため、未経験でも事務転職にチェレンジする意欲のある人材を採用したいと考えている企業と連携し、未経験者向けの求人情報の提供にも力を入れています。

例えば、下記の求人票は東京が勤務地の中小企業の事務求人になります。

このような求人であれば、事務職へのキャリアチェンジを目指す人でも応募することが可能です。そこで、積極的にチャレンジする姿勢をしっかり伝えることができれば、ポテンシャルの高い人材として評価され採用に繋がることもあります。

なお、未経験者を採用する多くの企業が「未経験者を採用するのであれば、なるべく若い人材を採用した方が伸びしろがあるだろう」と考えます。そのため、未経験で事務職へチャレンジする場合は年齢が若い20代のうちに転職を決断するようにしましょう。

年収が低い求人が多いのはデメリット

なお、マイナビ―エージェントが管理している求人は他の転職エージェントと比較すると、全体的に年収が低い傾向にあります。

マイナビエージェントが力を入れている20代や第二新卒を対象にした求人の多くが、年齢の若い人材を想定して年収を設定しているからです。そのため、年収アップを目指す人にとって、納得できる求人が見つからない可能性もあります。

ただし、マイナビエージェントでは大手企業や外資系企業の求人案件も扱っており、中には年収が高い求人もあります。例えば下記の求人票は、東京が勤務地となる大手企業の人事職の求人募集になります。

上記求人の企業へ転職したときの年収は、400~650万円(みなし月40時間残業代含む)の年収になります。

一般事務職で400万円以上の求人は、そこまで多くありません。しかし、総務、人事、経理など専門性の高い事務求人であれば、それなりの実務経験やスキルが必要ですが、年収400万円以上の求人も中にはあります。

管理職(ハイキャリア)を目指す求人は少ない

これまでの実務経験を活かして管理職(ハイキャリア)を目指したいと考えている人は、マイナビエージェントの利用だけでは満足できない可能性があります。同業界大手のリクルートエージェントやパソナキャリアと比較すると、管理職向けの求人数が少ない傾向にあるからです。

ただ、一般的に管理職を目指す30代後半や40代の人がマイナビエージェントを全く利用していないかというと、決してそうではありません。実際にマイナビエージェントを活用して転職した40代の利用者が、以下のような評判・口コミを投稿しています。

このように、40代以上の求職者でも納得のいく転職を実現している人もいます。

しかし、これまでにも述べたとおり、マイナビエージェントが保有している求人数は他の転職エージェントと比較しても決して多いわけではありません。そのため、求職者の中には年収やキャリアなどについて「希望条件に見合う求人が見つからない」といったように結果的に満足できない求職者がいるのも事実です。

・複数の転職サイトに登録し、リスクに備える

なお、他の転職サイトでも同じことがいえますが、転職エージェントの利用者全員が納得のいく求人を見つけられるわけではありません。

担当してくれるキャリアアドバイザーも基本的に選ぶことができないため、相性の良さも実際に利用してみないと分からないことが多いです。そこで、マイナビエージェントを軸にして複数の転職サイトに登録するようにしましょう。

それぞれ転職サイトによって特徴に違いがあるため、3社以上の転職サイトに登録し、他の転職サイトと比較しながら自分に合う転職サイトを絞り込むと良いです。

実際に私も転職サイトを利用するときは失敗だけは避けたいという思いが強かったため、4社の転職サイトに登録し、最終的には相性の良かった2社の転職サイトに絞って転職活動に取り組みました。

複数の転職サイトを活用することで相性の良いキャリアアドバイザーを見つけることができ、満足度の高い転職を実現することにも繋がります。

マイナビエージェントの登録方法や転職サービスの流れ

では、ここからは実際にマイナビエージェントの利用方法や使い方について解説していきます。以下は、マイナビエージェントを利用したときの全体的な流れになりますので、参考にしてください。

転職で失敗してしまうと取り返しがつかないため、いくら転職エージェントが無料で利用できるとはいえ、正しい使い方を理解した上で慎重に転職先を選ぶ必要があります。ここでは、マイナビエージェントの登録方法や転職サービスの流れについて解説していきます。

マイナビエージェントの公式サイトから登録する

まず、マイナビエージェントを利用するためには、公式サイトから登録する必要があります。

登録では氏名、生年月日、住所、連絡先のほか現在の就労状況など簡易的なプロフィール項目を入力することになります。入力の途中で「職務内容」を記載することになりますが、これまでの実務経験を振り返り、できるだけ詳しく記入するようにしましょう。

全て入力が完了すれば、登録は終了です。ここで大手転職エージェントのdodaやリクナビエージェントであれば、登録したあなたの情報を元に求人情報や登録情報を管理するマイページが作成されます。

しかし、マイナビエージェントではその機能がありません。そのため、基本的にマイナビエージェントとの情報のやり取りは登録した連絡先(メール)で行うことになります。

登録後、あなたに紹介できる候補の求人があれば担当のキャリアアドバイザーから登録した連絡先に電話が入りますので、そこでカウンセリングの日程を調整することになります。また私の場合、キャリアアドバイザーからカウンセリング実施までに以下の書類を提出するように依頼がありました。

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 面談事前アンケート

上記の書類については、メールで案内されるリンク先でダウンロードすることが可能です。これまでの職歴を振り返りながら一通り作成して提出しましょう。私の場合、他の転職エージェントで既に作成した履歴書・職務経歴書のデータがあったため、内容をそのまま活用して作成しました。

もし、履歴書や職務経歴書の書き方に自信がない人はマイナビエージェントのサイトで以下のように書き方のポイントが掲載されているため、参考にすると良いです。

引用:管理部門の営業事務・一般事務を目指す人のための職務経歴書|求人・転職エージェント

このほか、事務職の書式テンプレート(Word形式・Excel形式)もダウンロードすることができるため、職務経歴書を初めて作成する人は参考にしながら作成すると良いです。

なお、仕上げた履歴書と職務経歴書はカウンセリング時に持参すれば、キャリアアドバイザーから正しい書き方も含めて添削を受けることができます。

カウンセリングは対面がおすすめ

次にキャリアアドバイザーによるカウンセリングになりますが、カウンセリングについては対面または電話のいずれかの方法を選ぶことができます。

もし、指定される面談会場に足を運ぶことができるのであれば、可能な限り対面でカウンセリングを受けるようにしましょう。対面で話した方が電話越しに話すよりも、キャリアアドバイザーとの相性を見分けやすいからです。また分からないことがあれば、すぐに質問できるため、ちょっとした悩みもすぐに解決します。

カウンセリングにかかる時間は人によって違いますが、大体60~90分程度になります。初めにマイナビエージェントの転職支援サービスの大まかな流れ(面談~内定後の手続きまで)について説明があります。

その後、あなたのこれまでの職務経歴を整理するためにヒアリングが実施されます。私がマイナビエージェントのカウンセリングを受けたときは、事前に登録した情報以外の内容について根掘り葉掘り聞かれたため、90分程度かかりました。

例えば、「やりがいを感じたこと」「業務を改善した経験」といったこれまでの仕事に関わる質問もあれば、「なぜ、転職を考えるようになったのか」「転職先で何を実現したいのか」といった転職を考えるようになった経緯まで幅広く質問されました。

あくまでもカウンセリングであるため、回答に時間がかかるようであれば即答する必要はありません。むしろ時間はかかっても良いので、これまでのあなたの経験を振り返り、正直に答えるようにしましょう。そうすることで、キャリアアドバイザーもあなたのことを深く理解することができ、最適な求人を見つけるために行動してくれます。

なお、どうしても指定された面談会場に足を運ぶことが難しい場合は電話でカウンセリングを受けることも可能です。

求人エントリ―後は面接対策で本番に備える

またカウンセリングの内容を元に、カウンセリング時またはカウンセリング後のメールで求人の紹介を受けることになります。いずれにせよ気になる事務職の求人があれば、エントリーすることになります。

しかし、エントリーを検討している企業の職場環境やオフィスの雰囲気(企業風土)が気になる人も多いでしょう。そのようなときは、キャリアアドバイザーに相談すれば求人企業を熟知している法人営業担当者と連携を取り、情報提供してくれます。

私の場合、エントリー候補となる企業の職場の雰囲気や人員体制、残業の実態については必ずキャリアアドバイザーに確認し、認識のズレが生じないように気を付けていました。

なお求人にエントリーした後は、キャリアアドバイザーが面接対策を実施してくれます。特に初めて転職活動する人にとって「自分の強みが何か」を真剣に考えたことがある人は少ないです。

ただ、そのような不安もキャリアアドバイザーがプロの目線から、あなたの強みを見抜いてアドバイスしてくれます。また転職が2回目以降の場合、「転職2回目以降の人は、どのような質問をされるのか」といった不安のある人もいるでしょう。

このような2回目以降の転職であったとしても、キャリアアドバイザーはこれまでの転職支援の実績から面接対策のノウハウがあるため、手厚くサポートを受けることができます。

内定辞退で心掛けるべき注意点

なお、転職サイトを利用して事務転職する人の多くは複数の求人へエントリーすることになるため、エントリーしたいくつかの企業から内定をもらうことがあります。複数の企業から内定をもらえることは光栄なことですが、最終的に転職先は1社に絞る必要があります。

このとき、内定を辞退する企業に申し出る必要がありますが、内定辞退の手順には注意しなければいけません。転職エージェントは内定した企業に責任を持って人材紹介しているため、内定した企業への内定辞退の連絡はキャリアアドバイザーが行うことになります。

そのため、あなたが直接企業に内定辞退の連絡することがないように注意しましょう。

私もマイナビエージェントを経由して結果的に1社から内定をもらいましたが、同時に利用していた他の転職エージェントで紹介された求人の方が自分の希望条件に合っていたため、内定を辞退しました。内定辞退を伝えるのは心苦しいことでもありますが、そのような精神的な負担を軽減するために代わりにキャリアアドバイザーが内定辞退を行ってくれるのです。

ただ、私の担当をしてくれたキャリアアドバイザーはこうしたことにも丁寧に対応してくれたため、全く嫌な思いをせずに内定辞退の手続きを進めることができました。

なお内定辞退する場合、キャリアアドバイザーから必ず理由を聞かれることになります。あなたの代わりにキャリアアドバイザーが内定辞退することを企業に説明してくれるわけですから、当然断る理由は必要です。

内定辞退の理由は迷う必要はなく、「年収の条件が他社の方が良かった」「他社の方がスキルアップを望める環境だと思った」など、正直に答えれば特に問題はありません。

信頼性のあるマイナビエージェントを活用して、事務転職する

マイナビエージェントでは学生の就職活動を長年支援してきた実績を活かし、大手企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業など幅広く求人を扱っています。そのため、あなたのキャリアや目指す方向性によってキャリアアドバイザーが最適な求人を紹介してくれます。

また多くの求職者を転職支援してきた実績からブランド力・知名度ともに高く、特に20代や第二新卒を中心とした若い世代の求職者が多く利用しています。

しかし、他の大手転職エージェントであるリクナビエージェントやdodaと比較すると、扱っている求人数は少ないです。全国に支店はありますが、求職者の住んでいる地域や転職条件(高年収、ハイキャリアなど)によっては求人の紹介を受けることができないことがあるのも事実です。

ただ、マイナビエージェントには熱意があって丁寧に対応してくれるキャリアアドバイザーが多く在籍しています。そのため、信頼性の高い転職エージェントであることは間違いありません。

まず希望条件に見合う求人を見つけたい人は、大手企業、中小企業に限らず幅広い職種の事務求人(一般事務、営業事務、総務、人事、経理、秘書)を扱っているマイナビエージェントの利用を検討してみてください。