これから30代で事務職の転職を考えている人は、現在の年齢を意識する必要があります。30代の転職では、30代前半(30~34歳)と30代後半(35~39歳)のそれぞれの年代によって求人企業が求めるスキルのレベルが違うからです。

そのため、同じ30代であっても30代前半と30代後半は別物であると認識し、それぞれの年代での転職事情を理解することが重要です。

また、30代になると結婚や出産などのライフイベントを経験する人も多くなるため、キャリアプランをしっかり考慮した上で転職活動に取り組まなければいけません。

そこでここでは、30代で事務転職を実現させるための押さえるべきポイントについて解説します。ここで解説することを理解できれば、たとえ30代でも必ず事務転職を実現することができます。

30歳や35歳の女性が事務転職で事前に考えておくべき転職理由

30代で事務職へ転職するとき、面接で必ず転職理由を聞かれます。面接官は「なぜ20代ではなく、ある程度社会人経験を積み上げた30代の今になって転職するのか?」と疑問に思っています。

そこで求人企業は応募者から転職理由の本音を聞き出し、自社で採用しても支障がない人材であるかどうかを見極めようとします。そのため、面接官が納得するような転職理由を述べなければ、事務転職を実現させることは難しいと考えましょう。

ここで言う転職理由を分類すると、以下2点の転職理由に分けることができます。

  • 転職を考えるきっかけとなった理由
  • 応募企業で実現したい転職理由(キャリアプラン)

まずは、上記それぞれの転職理由について理解し、面接のときに正しく転職理由を伝える準備から進める必要があります。

転職を考えるきっかけとなった理由

30代になってから事務職の転職を考えるようになったきっかけは何でしょうか?

人によっては前向きなきっかけの人もいれば、聞き手がネガティブに捉えてしまうような転職理由の人もいるでしょう。例えば、転職を考えるきっかけには以下のようなものがあります。

上記のような不満が時間の経過とともに積み重なり、30代で転職を考える人は多いです。

また、男女ともに30代になると結婚を考える人も増え、女性であれば出産や育児などライフイベントで生活リズムが大きく変わる人も多くなる年代です。本音では労働環境、給料、有給消化など待遇面の改善を実現したいと考える気持ちもあるでしょう。

しかし、これらの転職理由はあなたの都合によるものであり、転職先の企業とは何ら関わりがありません。

実際に私は大手企業の一般事務職として勤めていましたが、年功序列の強い組織体制の会社でした。そこで何人もの上司の顔色を伺いながら働くことに嫌気がさしたことがきっかけとなり、転職を意識するようになりました。

ただ、このような転職理由だけを応募企業に伝えたところで何も解決にならないのです。

そのため、上記で紹介したようなネガティブな転職理由だけでは、企業から採用したい人材として見られることはありません。正直に伝える場合であっても、応募企業にとって前向きに捉えられる転職理由も必ず付け加えなければいけません。

応募企業で実現したい転職理由(キャリアプラン)

そこで、応募企業の面接官に伝える転職理由は「応募企業で実現したい転職理由(キャリアプラン)」を伝えるようにしましょう。

例えば、「長年の事務経験を活かして、後輩従業員の指導育成の分野でも活躍したい」「来客対応の経験を活かし、窓口で誰からも頼られる従業員を目指したい」など、転職理由を聞いた面接官が現場で活躍するあなたをイメージできる内容が望ましいです。

しかし、前向きに捉えられる転職理由であれば、どのような内容でも良い訳ではありません。応募企業によって求める理想の人物像は違うため、応募企業の仕事内容や求められる経験・スキルについて徹底的に企業研究しなければいけません。

そうすることで、あなたが転職して思い描くビジョンと応募企業が目指しているビジョンが一致することに繋がります。私も転職活動に打ち込んでいたとき、複数の企業に同時並行でエントリーしていましたが、面倒であったものの応募企業の求人票や企業のホームページを研究して採用選考に挑んでいました。

なお事務職は非常に人気のある職種であり、倍率が高いです。そのため、転職理由が明確でない人はすぐに落とされてしまいます。今、転職理由を明確にできていない人は転職先で何を実現したいのかを真剣に考えるところから始めなければいけません。

30代の事務転職は即戦力の人材が求められる

20代で事務職経験を着実に積み上げてきた人であれば、30代でも転職を実現することはできます。

ただ、20代と30代では求人企業が求めるスキルや経験が違うことを事前に理解していなければ、実際の転職活動で苦戦します。20代であればポテンシャル(将来性)を考慮して採用する企業が多いですが、30代の事務転職では事務経験が豊富な即戦力の人材を求める企業が多いです。

また前述のとおり同じ30代であっても、30代前半(30~34歳)と30後半(35~39歳)で求められるスキルの内容は違ってきます。そのため、それぞれの年代に対して企業が求める人材スキルを正しく理解しなければ、30代で事務転職を実現することはできません。

そこで30代前半と30代後半では、求められるスキルがどのように違うのかについて実際の求人票を例にしながら解説します。

30代前半(30~34歳)の事務転職は即戦力スキルをアピールする

一般的に30代前半の人は、大学を卒業した人であれば7~10年とある程度長い社会人経験を積み上げてきた人材になります。そのため、30代前半の応募者に対して求人企業は事務職の現場で即戦力として働いてほしいと期待しています。

ただ求人票では、企業が採用したい年代を限定して記載することはできないため、30代だけが対象となる求人票は存在しません。

そこで、求人票に記載されている内容からそれぞれの求人企業が求める人材を見極める必要があります。例えば、下記の求人募集は東京に本社がある中小企業の営業事務求人になります。

仮に30代前半で上記求人の企業へ応募する場合、応募資格に記載のとおり「一般企業での営業又は営業事務の経験」があれば応募対象になります。

しかし、30代の応募者に対しては20代よりも実務経験が長い分、即戦力スキルが求められることになります。そのため、あなたがこれまで経験してきた具体的な事務経験や仕事への取り組み姿勢をアピールし、即戦力として貢献できる人材であることを伝えなければいけません。

なお、事務職の中途採用で求められる即戦力スキルは、それぞれの求人企業によって異なります。あなたのこれまでの実務経験や得意なスキルを振り返り、即戦力として活躍できそうな求人と出会うことが転職成功のカギとなります。

未経験の事務転職は30代前半で踏み切る

また、未経験の事務職へ転職を考えている人は、30代前半で転職に踏み切るようにしましょう。

20代であっても同じことが言えますが、未経験の職種へ転職する場合は年齢が若い方が有利です。同じ未経験者を採用するのであれば、将来的に可能性のある若い人材を採用した方が企業にとって有益だからです。

ただ20代よりも数は少なりますが、30代前半の事務未経験者で採用される人はいます。採用選考は厳しくなりますが、未経験でも事務転職にチャレンジする意志がある人は応募可能な求人を探しましょう。

例えば、下記の求人票は神奈川県に本社がある中小企業の事務未経験者対象の求人募集になります。

上記求人のように、事務未経験者でも応募可能な事務求人があります。ただ、30代前半で未経験の事務職へチャレンジしようとしても、中々書類選考が通過しないこともあります。

また、いくら事務職が未経験とはいえ、WordやExcelなどPC(パソコン)の操作が苦手な人はデスクワークが中心の事務転職は厳しいです。そのため、違う職種であったとしても事務作業の経験があることが望ましいと言えます。

なお、30代前半で未経験の事務職を目指す場合、即戦力として働くことができない分、転職先での給料が下がることも覚悟しなければいけません。

30代後半(35~39歳)で事務アシスタントへの転職は難しい

35歳以降(35~39歳)は、30代前半よりも社会人経験が長くなる分、求人企業から求められる戦力としての期待値はさらに上がります。この年代で未経験者として転職することは現実的ではなく、企業から評価されるような高度な事務スキルや経験がなければ転職は難しいです。

また、30代後半でも資料作成補助やデータの単純な入力作業など、仕事の範囲がある程度決まっている事務アシスタントへ転職できないか考える人は多いです。

しかし、30代後半の人材に対しては組織活動の中心的な存在として活躍してくれることを期待する企業が多く、事務アシスタントとして採用する企業は少ないのが現状です。

そこで、これまで経理や人事など専門的な知識が必要とされる事務経験がある人は、事務職のスペシャリストとして転職することを視野に入れると良いです。例えば、下記の求人票は東京に本社がある東京一部上場企業の人事職の求人になります。

上記求人のように、給与計算や労務手続きなど人事に関わる専門的な知識を活かす事務求人であれば、あなたの経験やスキル次第では30代後半であっても採用される可能性があります。ただ、30代後半であることを想定すると、それなりに高度な事務スキルが求められます。

例えば、人事評価や人材教育といった人事制度の改革に携わった経験やチームリーダー、マネジメントの経験があると求人企業からの評価も高くなるでしょう。

なお、人事職以外にも専門性が求められる事務の職種として、経理、総務、法務、秘書などがあります。あなたがこれまで事務職として経験してきた仕事内容やスキルが活かせる企業を見極めることが重要です。

30代で事務転職したときの平均年収

また、30代で事務職へ転職したときの平均年収が気になる人もいるでしょう。一般事務や営業事務は基本的にアシスタント業務がメインとなるため、年収はそこまで高くないのが現状です。

実際に転職する企業によって年収の金額は違いますが、一般的に資金繰りが順調で規模が大きい会社の正社員である方が給料は高い傾向にあります。例えば、以下は転職サイトのdoda(デューダ)が調査した事務職(アシスタントがメイン)の平均年収になります。

平均年収ランキング最新版(167職種の平均年収/生涯賃金)

dodaの調査では、30代一般事務職の平均年収が337万円、30代営業事務の平均年収が342万円という調査結果となっています。

ただし平均年収であるため、あなたの事務経験やスキルが評価されれば平均年収よりも高くなることや、事務未経験者であれば平均年収よりも低くなることが想定されます。

また、同じ事務職でも経理や人事、総務など専門性が求められる管理系の事務職の平均年収は一般事務職や営業事務よりも平均年収が高い傾向にあります。以下は上記と同じく転職サイトのdodaが調査した管理系事務職の平均年収になります。

平均年収ランキング最新版(167職種の平均年収/生涯賃金)

上記のとおり、30代人事職の平均年収が509万円、30代経理職の平均年収が502万円、30代総務職の平均年収が438万円といったように、管理系事務職は一般事務や営業事務よりも平均年収が高い傾向にあることが分かります。

なお、平均年収は男性よりも女性の方が低い傾向にあります。女性の平均年収が低い理由としては、以下のような理由が考えられます。

  • 管理職やマネジメントリーダーなど昇任する女性が少ない
  • 育児休業を取得する割合は女性の方が圧倒的に多い
  • 育児のための短時間勤務を取得する割合は女性の方が圧倒的に多い

このように、日本ではまだまだ女性の社会的地位の低さや育児の負担が女性に偏っている傾向にあります。年収が全てではありませんが、これから30代で事務職の転職を検討している人は上記の平均年収を参考にしてみてください。

30代で正社員として事務職へ転職するメリット

30代で事務転職を考えるとき、正社員として働くことが全てではありません。

事務職として働く雇用形態は正社員以外にも派遣社員やパート・アルバイトがあります。そのため、あなたがどのような働き方を重視するかによって選択肢が変わります。

以下で事務職の正社員と派遣社員のそれぞれのメリット・デメリットについて記載してみましたので、参考にしてください。

上記のように正社員、派遣社員それぞれにメリットやデメリットがありますが、正社員の事務職として働く大きなメリットとして安定した収入と労働環境を挙げることができます。正社員であれば経営状況が悪い会社でない限り、ボーナスが支給され、派遣社員よりも年収が高くなる傾向にあります。

また、産休(産前産後休暇)や育休(育児休業)の制度が適用される会社が多いため、退職せずに職場に復帰でき、長期的なキャリア形成が可能です。私が勤めていた企業でも、正社員の女性は育児休業を1年間程取得して職場に復帰する女性が多くいました。

派遣社員で働くメリットもありますが、「事務職として長く勤めたい」「安定した収入を確保したい」「長期的にキャリアアップを目指したい」と考えているのであれば、派遣社員ではなく正社員の事務職を目指すべきです。

30代の事務転職は転職サイトの活用が必須

しかしながら正社員の事務職は人気があり競争率が高いため、簡単に転職することはできません。決して給料は高くありませんが、比較的に安定した働き方が実現できる事務職は特に女性から人気が高いです。

また、30代の転職は20代の転職よりも求人企業が求める経験、スキルのレベルが高くなります。そのため、30代で事務転職をする場合、必然的にあなたの転職条件に見合う求人の数は限られてしまいます。

そこで、30代で事務転職を考えている人は転職サイトをうまく活用しながら転職活動を進めると良いです。転職サイトを活用することで、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職活動を親身になってサポートしてくれます。

担当のキャリアアドバイザーはあなたに見合う求人を探してくれるだけでなく、書類選考や面接対策までフォローしてくれます。

ただし、担当してくれるキャリアアドバイザーとの相性があったり、それぞれの転職サイトで扱う求人が違ったりします。

私は過去に4社の転職サイトに登録して転職活動を行いましたが、全ての転職サイトと相性が良かったわけではありません。相性の良くなかった2社の転職サイトは手放し、最終的には2社の転職サイトに絞り込みました。

このように、転職サイトは1つに絞らず複数の転職サイトを利用すると良いです。そうすることで、あなたの転職条件に最も見合う事務求人と出会うことに繋がります。

即戦力が求められる30代の事務転職を諦めずに乗り切る

30代は20代よりも社会人として実務経験が長くなるため、即戦力として活躍する人材が強く求められる年代になります。現実的に事務未経験者が転職できるのは30代前半であるため、なるべく早く転職に踏み切ることを決断しましょう。

また、30代後半では事務職のアシスタントとして転職することが難しくなります。そのため、人事や経理など専門的な知識が求められる事務経験のある人は、専門性が活かせる事務職へ転職することも視野に入れる必要があります。

ただ、自力でこれまでの実務経験を振り返りながら、あなたの転職条件に見合う求人を探すのは非常に時間が掛かり負担が大きいです。

そこで、転職に関することであれば何でも相談できる転職サイトに登録し、うまく活用しながら転職活動を進めましょう。

ここまで30代の事務転職が難しいことを述べてきましたが、決して諦める必要はありません。転職サイトを活用してより多くの求人情報に触れることで、必ずあなたの転職条件に見合う求人を見つけることができます。

事務転職で失敗しない転職サイトの活用法とは

事務転職を考えるとき、多くの人が転職サイトを活用します。ただ事務職は倍率が高く、簡単には転職できません。自力で転職先を探そうとしても、1件1件求人を見極めるには相当の労力を使います。またエントリー書類(履歴書・職務経歴書)の作成や面談対策、転職条件の交渉まで自ら行う必要があります。

しかし転職サイトに登録すれば、カウンセリング実施後にキャリアアドバイザーから転職条件に見合う求人を無料で紹介してもらえます。さらに履歴書や職務経歴書の添削、面談対策、転職条件の交渉まであなたの代わりに行ってくれます。

ただし、「多くの求人を紹介してくれる転職サイト」「カウンセリングに力を入れている転職サイト」「女性の転職支援に力を入れている転職サイト」など、選ぶ転職サイトによって特徴や強みに違いがあります。これらのことを理解した上で転職サイトを活用しなければいけません。

そこで以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの特徴や強みの違いを理解して活用すれば、事務転職の失敗を防ぐことができます。