転職する理由は人それぞれ違いますが、社会人を長く経験し、40代になってから事務職への転職を考える女性は多いです。ただ年齢が高い分、「40代女性を求める事務求人は本当にあるのか?」と不安になり、転職活動に踏み切れずない人も多いでしょう。

事務職の転職は非常に人気があり競争率が高いため、たとえ20代や30代の事務経験者であっても苦戦する人も多くいます。しかし、そのような現状の中で難しいと言われる40代の事務転職を実現させる女性もいます。

40代で事務転職を実現させる女性は、20代や30代の求職者が持っていない強みや魅力をアピールすることで企業の興味を引きつけている共通点があります。そこでここでは、40代女性が事務転職を成功させるための正しい考え方について解説していきます。

40代女性の正社員の事務転職は年齢がネックになる

40代の女性でいくら事務経験のキャリアがあっても、求人企業が応募者の年齢が高いことを理由に不採用にすることは現実としてあります。そのような現実があることを知ったとき、「40代になると社会から必要とされないのか?」とネガティブな考えに陥る人も多いでしょう。

40代を正社員として採用する場合、一般的に採用活動を行う企業は以下のようなリスクがあると考えます。

  • 20代・30代の人材よりも人件費が高い
  • 20代・30代の人材よりも企業に貢献する期間が短い

上記のような理由から、40代を採用するリスクは高いと考える企業が非常に多いです。そのため、求人企業が40代を採用するときは20代のように積極的に採用するのではなく、慎重に採用を行うことになります。

年齢制限は禁止だが、例外が適用される事務求人

求人を出す企業は法律上、応募できる年齢を制限する表記を求人票に記載することは禁止されています。しかし、求人企業が下記に示す例外事由に該当する場合は求人票で応募年齢を限定することができます。

(例外事由)

長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合

20代や30代前半の若者に雇用機会を与える趣旨で作られた例外事由ですが、上記の例外事由を適用した事務求人が実際に存在します。例えば、下記の求人票は大阪に本社がある中小企業の事務求人になります。

上記求人の企業へ転職したい場合、30歳未満でなければ応募の対象外になるため、40代の女性は応募することができません。

また、「35歳未満」「40歳未満」など応募年齢の上限値が異なる事務求人も存在します。このように、事務求人の中にも例外事由によって年齢制限を設定する企業が存在することを事前知識として知っておくと良いです。

間接的な表現で若い人材の確保をアピールしている事務求人

上記で紹介した例外事由のように具体的に応募年齢の上限を記載している訳ではありませんが、「20代の女性歓迎」「20~30代の女性が活躍中」と表記している求人を見かけることがあります。特に女性をターゲットにした求人票に多く見られ、20代や30代の女性が多く在籍し活躍しているように見えます。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある中小企業の営業事務求人になります。

上記求人の場合、対象となる方(応募資格)の欄に「20~30代活躍中!」と記載されており、20代や30代の若い人材が活躍している職場であることをアピールしています。このような求人は「20代や30代の若い人材を採用したい」という求人企業側の意図があります。

そのため、40代女性が上記のような求人へ応募しても、年齢が高いことを理由に不採用にする可能性が非常に高いです。

40代の事務転職は即戦力の人材が求められる

40代の転職は年齢の高さがネックになりますが、事務職の即戦力として評価されれば採用されることがあります。ただ、それぞれの事務求人によって求められるスキルや人物像が違うため、あなたが最も即戦力として評価されるような求人票を見極めなければいけません。

そこで、40代で事務転職をするときは求人の選び方を工夫することで転職できる可能性を高めることができます。

まず専門性の高い知識やスキルを発揮することを考え、できる限りこれまで経験してきた同じ業界の事務求人にエントリーするようにしましょう。これまでと同じ事務職であることに加え、同じ業界を目指すことで企業の期待どおりに働けることを強くアピールすることができるからです。

また、エントリーする事務求人では20代や30代の求職者と同じ土俵で採用枠を競うことが想定されます。そのため、少しでも事務転職が有利に働くように仕向けることが重要になります。

なお、40代の強みは20代や30代の人材よりも社会人経験が長く、良かったことや悪かったことも含めて社会人としての経験値やスキルが高いことにあります。そのため、担当の事務作業をこなしつつ後輩従業員の進捗状況の管理や育成指導をしてきた経験など、組織に対してどのような役割を果たしてきたかを具体的な経験内容をもとに伝えられるのが望ましいです。

40代未経験で事務職への転職は難しい

40歳を超えてから、これまで経験したことがない事務職への転職を考える女性も中にはいます。しかし現実として、40代未経験で正社員の事務職へ転職できる可能性は非常に低いです。

ただし、40代の事務未経験者が全く転職できない訳ではありません。これまでのあなたの経歴が事務職未経験であったとしても、企業が求める人物像と一致し、正社員として採用しても問題がないと判断されて採用される人も中にはいます。

ただ採用されるためには事務職が未経験でも、これまで社会人として積み上げてきた実務経験やスキルが面接官の興味を引くものでなければいけません。そのため、これまでの実務経験から事務職で活かせるスキルがないか事前に自己分析しておき、応募企業の仕事で活かしたいことをアピールすることが重要です。

未経験者は資格が活かせる事務転職を視野に入れる

40代の事務未経験者で既に資格を取得しているのであれば、資格を活かせる事務職への転職も視野に入れましょう。例えば、事務職に活かせる資格の代表例として以下のような資格があります。

  • 経理事務=日商簿記検定
  • 不動産事務=宅建(宅地建物取引士)
  • 語学力(TOEIC)=外資系企業の事務職

資格の取得が採用に直結する訳ではありませんが、事務職未経験の場合、応募企業にアピールポイントとして伝えることができます。例えば、下記の求人票は静岡県に本社がある中小企業の経理職の求人募集になります。

上記求人の企業の場合、経理職が未経験であっても日商簿記3級以上の資格保有者であれば応募することが可能です。このように、専門的なスキルや知識が必要な事務職では資格保有者を優先する企業もあります。

ただし、転職することを目的に資格を取得しても意味がありません。転職後に資格の知識をどのように活かして企業に貢献したいかを明確にした上で転職しなければ、仕事にやりがいを持ち続けることができないからです。

なお、資格を持っていても年齢が高いことを理由に書類選考が中々通過しないことも想定されます。そのため、長期戦になる覚悟を決めた上で転職活動に取り組む必要があります。

40代女性が事務転職で意識するべき3つのこと

たとえ40代の事務転職であっても、これまでの実務経験やスキルが認められれば転職できる可能性はあります。

しかし、40代は社会人経験が長い分、採用する面接官は20代や30代の求職者とは違った視点からあなたを評価することになります。そのため、若い年代の求職者と同じような意識で転職活動に取り組んでいては転職を成功させることは難しいです。

以下では、40代女性が事務転職で意識しなければいけない重要なことについて解説していきます。

キャリアを整理し、応募企業のニーズを把握する

まず、40代になってから転職を目指す人が必ず取り組まなければいけないことに自己分析があります。

社会人経験が長い40代は、これまで仕事の現場で数々の経験を積み重ねているはずです。しかし、幅広い事務経験や知識を羅列(られつ)しただけの自己PRは魅力的ではありません。応募企業が求めている経験やスキル以外をアピールしても、面接官にミスマッチと判断される可能性が高いからです。

そこで、アピールポイントを絞り込み、応募企業で役立つスキルや経験をアピールして面接官の興味を引く必要があります。

あなたがこれまで経験してきた実務経験や身に付けたスキルの事実に変わりはありません。

しかし、転職で求められるスキルや経験は応募する企業によって異なります。そのため、求人票に記載されている内容やホームページを研究し、応募企業の採用ニーズを把握することが重要です。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある中小企業の一般事務求人になります。

上記求人へエントリーする場合、転職後はデータ分析、商品の企画・立案、販売物件資料の作成などの業務を担当することになります。そのため、これまでExcelやAccessを使ったデータ分析の経験や商品開発に関わる事務手続きを経験してきた人であれば即戦力として働ける可能性があります。

また、不動産をサービス商品にしている企業であることも分かるため、不動産事務の経験者や宅建資格取得者も転職後にスキルを活かせる可能性が高いです。このように応募企業が求めるニーズを把握し、あなたのこれまでのキャリアから即戦力として活かせるスキルや経験について考えることを意識するようにしましょう。

40代だからこそ、マナーや身だしなみに気を遣う

デスクワークだけでなく来客対応も想定される事務職では、社会人としてのマナーや第一印象を決定付ける身だしなみに特に気を遣わなければいけません。そのため、面接官があなたを一目見て「この人と一緒に働いてみたい」と思ってもらえるような身だしなみを心掛ける必要があります。

また、20代のように年齢が若くないという理由で手を抜いているようでは面接官に悪い印象を与え、採用選考で不利になります。むしろ20代や30代よりも社会人経験が長いからこそ、マナーや身だしなみに気を遣うことで応募企業から好印象を持たれます。

以下、40代女性が注意すべきマナー・身だしなみについてまとめてみましたので参考にしてください。

社会人になると、身だしなみがだらしなくても周りの人から直接注意を受ける機会はほとんどありません。しかし、実際に対面する相手には「髪の毛がボサボサだな」「化粧が派手だな」と印象を与えてしまいます。

そのため、どのような人と接しても違和感を持たれない常識的なマナーや身だしなみを心掛けておくことが重要です。

年下の従業員が直属の上司や先輩になることを想定する

たとえ40代で転職先が決まったとしても、職場では年下の先輩や上司と一緒に仕事をしていく覚悟が必要になります。

当然ですが事務職でも年齢に関係なく、他の従業員と力を合わせて仕事をこなす場面は多くあります。もし年下の上司や先輩から仕事をお願いされたときに、「年下から命令されると、気持ちが良くない」と否定的な感情を持ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、転職先で一緒に働く従業員があなたと気が合うかどうかは実際に転職してみないと分かりません。

私も仕事でこれまで多くの年上、年下の従業員と一緒に仕事をしてきましたが、年齢に関わらず気の合う人もいれば、相性が悪い人もいます。一緒に働く年下の従業員から冷たくあしらわれたこともあり、長い間互いに深く干渉しない程度にやり過ごしたこともありました。

私の経験はあくまでも参考程度ですが、40代の転職では年下の上司や先輩とうまく付き合いながら仕事を進めなければいけないことを事前に認識しておくようにしましょう。

40代で正社員の事務転職にこだわる女性は、転職サイトの利用が必須

ここまで40代の女性が事務転職を成功させるために不可欠な考え方や意識するべきことについて述べてきました。

しかし、実際には40代で事務転職することの難しさを実感し、転職を諦めてしまう人が多くいます。転職求人を出す多くの企業が20代や30代前半の若い人材を確保したいと考えているため、あなたが長年積み上げてきた経験やスキルが役立つ事務求人の数も必然的に限られてしまう現実があります。

また即戦力であることをアピールすることも大切ですが、40代からの転職でもあなたが実現したい転職条件があるはずです。そこで、40代で正社員の事務転職を目指す多くの女性が転職サイトを活用して転職活動に取り組んでいます。

転職サイトへ登録すれば、担当のキャリアアドバイザーがあなたの年齢や転職条件を考慮し、最適な事務職の求人を探して提案してくれます。そのほか、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策、内定後の手続きまで幅広くフォローしてくれます。

ただし、キャリアアドバイザーとの相性や転職サイトによって扱う求人の種類が違うため、転職サイトは1社に絞らず複数登録することが重要です。

私は過去に4社の転職サイトに登録して転職活動を行いましたが、全ての転職サイトと相性が良かった訳ではありません。相性の良くなかった2社の転職サイトは転職活動の途中で手放し、最終的に相性の良かった2社の転職サイトに絞り込みました。

このように相性の良い転職サイトを絞り込み、うまく活用しながら転職活動に取り組むことで、あなたの転職条件に見合う事務求人との出会いに繋がるのです。

成功率が低い40代の事務転職を乗り切る

40代になると事務職の正社員へ転職することは一気に難しくなります。

40代は一般的にマネジメント経験や管理職が求められる年代であり、事務職であっても即戦力として評価されなければ転職に結び付きません。そのため、あなたがこれまで積み上げてきた実務経験を振り返り、上司から評価された点や周りの従業員から感謝された点をピックアップしていきましょう。

ただし、履歴書や面接でアピールする内容は応募企業を研究し、即戦力として活かせるスキルや経験でなければいけません。また、未経験で事務転職を考える場合は転職活動が長引くことを覚悟しなければいけません。

事務未経験者はどうしても20代や30代前半など伸びしろのある若い人材が採用されやすいため、書類選考が中々通過しないことは当たり前のようにあります。ただ事務経験者より転職できる確率は低いものの、これまでのあなたの職歴やスキルが評価されて採用される可能性もあります。

もし、40代で正社員の事務職へ転職することにこだわるのであれば、転職サイトの利用は必須です。そこで相性の良い転職サイトを活用しながら諦めずに転職活動に取り組めば、40代女性でも事務転職を実現させることは可能です。

事務転職で失敗しない転職サイトの活用法とは

事務転職を考えるとき、多くの人が転職サイトを活用します。ただ事務職は倍率が高く、簡単には転職できません。自力で転職先を探そうとしても、1件1件求人を見極めるには相当の労力を使います。またエントリー書類(履歴書・職務経歴書)の作成や面談対策、転職条件の交渉まで自ら行う必要があります。

しかし転職サイトに登録すれば、カウンセリング実施後にキャリアアドバイザーから転職条件に見合う求人を無料で紹介してもらえます。さらに履歴書や職務経歴書の添削、面談対策、転職条件の交渉まであなたの代わりに行ってくれます。

ただし、「多くの求人を紹介してくれる転職サイト」「カウンセリングに力を入れている転職サイト」「女性の転職支援に力を入れている転職サイト」など、選ぶ転職サイトによって特徴や強みに違いがあります。これらのことを理解した上で転職サイトを活用しなければいけません。

そこで以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの特徴や強みの違いを理解して活用すれば、事務転職の失敗を防ぐことができます。