世の中には高卒の学歴で総務の転職を目指す人がいます。ただ高卒の人の中には、学歴で転職が不利になるイメージが先行し、高卒という理由で転職を諦めてしまう人が多いのが現状です。

確かに総務の求人には大卒以上の学歴を求める求人もありますが、中には学歴関係なく採用する企業もあります。また総務は女性からも人気のある職種の1つであるため、高卒で総務に転職したい場合は正しい転職活動の方法を知ってから行動に移す必要があります。

そこで、高卒で総務に転職するための正しい考え方や求人の見方について述べていきます。

高卒で総務の転職に挑むと不利なのか?

学歴にコンプレックスを抱く高卒社会人は多いです。一般的に初任給や生涯賃金は大卒の方が高い傾向にあり、転職では大卒以上しか応募できない総務の求人もあります。

これだけ見ると高卒であることが不利に感じるかもしれませんが、総務の求人には高卒で応募できる求人があります。

そのため高卒でもこれまでの実務経験を活かし、新たな環境でキャリアを築き上げることは可能です。ただ高卒である以上、総務の転職でどのようなハンデがあるのかは事前に知っておかなければいけません。

大卒以上しか応募できない総務の求人とは

応募条件として大卒以上の学歴しか応募できない総務の求人は存在します。そのような条件を提示する企業は「高学歴の人は少なくとも受験勉強を乗り越え、継続した努力ができる人材である」と評価しているのです。

例えば、下記の求人票は大阪に本社がある医薬品メーカの総務の求人募集になります。

上記求人票のように、大学卒業以上が応募資格の必須要件となっている総務の求人募集があります。このような求人に対して高卒の人が応募しても不採用となります。

このほか数は少ないですが、短大卒・専門卒以上の人しか応募できない総務の求人もあります。例えば、下記の求人票は神奈川県に本社がある中小企業の人事総務の求人募集になります。

上記の求人票は専門卒以上の人材を求める人事総務の求人募集の例になりますが、同じように応募資格を「短大卒以上」とする求人もあります。

このことから高卒の転職希望者が応募できる総務の求人数は、大卒や短大卒・専門卒の転職希望者と比べて少なくなることを事前に理解しておく必要があります。

学歴が高卒でも応募できる総務の求人を探す

そこで高卒で総務の転職にチャレンジする人は、学歴が高卒であっても応募が可能な総務の求人を探す必要があります。具体的には、応募資格が以下のような求人を探しましょう。

  1. 学歴関係なく人材を募集している求人
  2. 高卒以上の学歴を募集している求人
  3. 応募要件に学歴に関する記載がない求人

上記のいずれかの要件を満たす総務の求人であれば、高卒であっても応募することが可能です。以下、実際の求人票を例にしながら説明します。

・学歴関係なく募集している求人

まず応募要件に「学歴不問」の記載がある総務の求人であれば、高卒の人でも応募することができます。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある東証二部上場企業の総務の求人募集になります。

上記の求人票であれば、学歴を気にすることなく応募することができます。このように学歴を問わない求人であれば、高卒の人でも応募することが可能です。

・高卒以上の学歴を募集している求人

また総務の求人の中には、応募資格欄に「高卒以上」と明記されている求人票があります。例えば、下記の求人票は愛知県に本社がある中小企業の総務の求人募集になります。

上記求人票のように、応募資格が高卒以上の求人の場合も積極的に応募することができます。

・応募要件に学歴に関する記載がない求人

このほか総務求人の中には、応募要件に学歴に関する記載がない総務の求人もあります。例えば、下記の求人票は東京に本社がある大手外資系企業の総務の求人募集になります。

上記のような求人も学歴を求めていないため、高卒の学歴であっても応募することができます。高卒で応募が可能な総務の求人を探す場合、上記の例を参考にするとよいです。

高卒の総務未経験者が応募できる求人

なお求人数は少ないですが、高卒の総務未経験者であっても応募できる求人はあります。

学歴や総務の実務経験がなくても、将来的に活躍してくれそうな人材であれば積極的に採用したいと考える企業も存在するからです。

例えば、下記の求人票は大阪に本社がある中小企業の総務経理の求人募集になります。

上記のような求人であれば、高卒で総務未経験者であっても応募することができます。ただし、高卒の総務未経験者が応募可能だからといって採用されやすいわけではありません。このような求人にも、大卒の総務事務経験者が応募してくる可能性もあるからです。

中途採用では、経験者も未経験者も同じ土俵で採用枠を競うことになります。未経験者を採用することは、企業にとっても教育負担のリスクを背負うことになります。そのため選考状況によっては上記のような求人票であっても、総務事務経験者が採用されることもあるのです。

ただ始めから「高卒の総務未経験者だから」といった理由だけで転職を諦めてしまうのはもったいないです。そうではなく、高卒の未経験者でも応募可能な求人であれば積極的にチャレンジし、将来の自分のためにも採用を勝ち取りにいきましょう。

学歴だけでなく、実務スキルの要件にも注目する

ただ応募要件として高卒の学歴はクリアしても、実務スキルの要件を満たしていなければ応募できない総務の求人がほとんどです。

就職と違い、転職では学歴だけで採用を判断するのではなく、これまでの実務経験の内容や応募者が即戦力として活躍できるかどうかで判断する企業が多いからです。

例えば、下記の求人募集は岡山県に本社がある中小企業の総務の求人募集になります。

上記の求人票であれば高卒の人でも応募は可能ですが、総務、人事など管理部門での業務経験がなければ採用されることはありません。このように学歴は関係なくても、即戦力として期待できる人材を求める求人は多いです。

また応募する企業によって求める人材スキルが異なるため、注意が必要です。「総務事務3年以上」の経験を求める企業があれば、「株主総会運営事務5年以上」の経験を求める企業もあります。

そのため応募する企業がどのような人材スキルを求めているのかを確認し、求人票の応募資格に書かれている内容とあなたのこれまでの実務経験を照らし合わせながら応募する求人を絞り込むようにしましょう。

総務未経験者はPC(パソコン)スキルはあった方がよい

いくら高卒の総務未経験でも転職できる可能性があるとはいえ、PC操作がまったくできない人やPC操作を覚えることが苦手な人が総務事務の仕事をこなすのは厳しいです。

手の込んだ資料を作成するときは数時間パソコンと向かい合うこともあるため、操作が分からなければスムーズに実務をこなせないことが考えられます。

このような事情を踏まえ、高卒の総務未経験者が応募可能な求人では、PC操作スキルを求める企業が多いです。例えば、下記の求人票は東京に本社がある中小企業の総務人事の求人募集になります。

上記求人票のように、基本的なPC操作スキルを求める企業が多いです。そのため、Word、Excel、PowerPointなどを使いこなせるPC操作スキルがあれば、選べる求人の幅が広くなるといえます。

高卒で総務に転職した場合の年収の相場は?

では高卒の人が総務に転職した場合の年収は、大卒の人と比べて低いのか不安になる人は多いです。

結論からいうと、単に学歴が高卒だからという理由だけで転職時の年収が低いわけではありません。実際に総務に転職した時の年収は、学歴ではなく以下に示す内容が大きく影響します。

  • 即戦力として活躍できる人材であるかどうか
  • 総務のポジションに対する企業の評価価値

上記の内容を考慮し、採用する企業が最終的に年収の金額を決定します。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある中小企業の総務人事スタッフの求人募集になります。

上記の求人票に記載されている「300~450万円」の年収が総務のポジションに対する企業の評価価値を表しています。

上記求人票の企業へ転職した場合、備品管理などの庶務業務や人材採用、人材育成研修などの経験があり即戦力として評価を受けて採用されれば、年収は450万円に近づきます。

ただし総務未経験者である場合、即戦力として評価されないため年収は300万円からのスタートになる確率が高いです。

応募する企業によって転職した時の年収は違うため、気になる人は求人票の年収にも目を必ず通すようにしてください。

タイミングを見極めて、なるべく早く転職する

ただ高卒で総務の転職を考えている人の中には、転職のタイミングについて迷う人がいます。

経験を積んでから転職した方がよいのか、なるべく早く転職した方がよいのかは応募する人を取り巻く環境によって違います。そのため一概には言えませんが、できるだけ若いうちに転職を決断した方がよいです。

理由は単純ですが、年齢が若い人材であるほど転職市場での価値が高いからです。また、若いうちに転職した方がよい理由として以下の理由があります。

  • 年齢が上がるほど、即戦力を求める企業が多くなる
  • 年齢が上がるほど、実務経験を積み上げた大卒以上の社会人と募集枠を競うことになる
  • 早く転職を決断することで、キャリアチェンジしやすい

特に総務は人気職種の一つなので、キャリアチェンジを考えている人であれば、なおさら早く転職を決断した方がよいです。

また、なるべく早く実務経験を積み上げることで、あなたの頑張り次第では総務のスペシャリストを目指すこともできます。いずれにしても高卒でも総務を目指すのは可能なので、早めに準備するとよいです。

ただし、就職や今の職場に転職してから間を空けずに(1~2年以内)転職しようとすると、応募先の企業によっては在籍期間が短いイメージを与えてしまうことがあります。募集をかける企業はできる限り長く働いてくれそうな人を採用したいと考えているため、在籍期間を気にする企業は多いです。

あまり在籍期間を気にしないベンチャー企業や外資系企業であれば別ですが、そうでない企業に応募する場合は在籍期間を気にするべきです。

何でもかんでも早く転職すればよいというわけではありません。自身の現在置かれている状況を客観的に分析してから転職に踏み切るようにしてください。

高卒不利の先入観をなくし、自信を持って転職に挑戦する

高卒の学歴であることが転職で不利になるイメージを多くの人が持っています。大卒の学歴を必須とする総務の求人に高卒の人が申込みしても不採用になることは確かです。

そのため高卒で総務の転職を目指す人は、高卒以上でも応募が可能な求人を探すようにしましょう。

しかし、数ある総務の求人の中からどのようにして自分に見合う求人を見つければよいのか不安になる人もいます。そこで複数の転職サイトに登録し、より多くの求人情報を得ながら転職活動を進めるようにしましょう。

また自分が成長できる会社へ転職したいのであれば、高卒であっても応募者がどのような人材であるか深く掘り下げて評価してくれるような会社への転職を目指すとよいです。

これまで高卒の学歴を気にして総務の転職に踏み切ることができなかった人は、ここでの内容を参考にして自信を持って転職活動に挑戦してください。

事務転職で失敗しない転職サイトの活用法とは

事務転職を考えるとき、多くの人が転職サイトを活用します。ただ事務職は倍率が高く、簡単には転職できません。自力で転職先を探そうとしても、1件1件求人を見極めるには相当の労力を使います。またエントリー書類(履歴書・職務経歴書)の作成や面談対策、転職条件の交渉まで自ら行う必要があります。

しかし転職サイトに登録すれば、カウンセリング実施後にキャリアアドバイザーから転職条件に見合う求人を無料で紹介してもらえます。さらに履歴書や職務経歴書の添削、面談対策、転職条件の交渉まであなたの代わりに行ってくれます。

ただし、「多くの求人を紹介してくれる転職サイト」「カウンセリングに力を入れている転職サイト」「女性の転職支援に力を入れている転職サイト」など、選ぶ転職サイトによって特徴や強みに違いがあります。これらのことを理解した上で転職サイトを活用しなければいけません。

そこで以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの特徴や強みの違いを理解して活用すれば、事務転職の失敗を防ぐことができます。