「大人の進路相談」がキャッチフレーズのdoda(デューダ)は転職を考えている人であれば誰もが知っているほど、認知度が高い転職エージェントです。株式会社パーソナルキャリアが運営するdodaは、これまで多くの求職者を転職支援してきた長年の実績があり、転職エージェント業界でも最大手の転職サイトです。

求人数はリクナビエージェントより少ないものの、マイナビエージェントやパソナキャリアなど他の大手転職サイトと比較しても非常に多くの求人数を保有しています。そのため、事務転職でも様々な職種(一般事務、営業事務、総務、人事、経理など)の求人を扱っているため、多くの人がdodaを利用しています。

ただし、このような転職サイトを利用するときは正しい知識を持って利用しないと納得のいく転職を実現することはできません。また口コミ・評判でも優れているdodaであっても、利用にあたって注意しなければいけないこともあります。

そこでここでは、事務転職を目指す人がdodaを利用する場合、どのように活用すれば良いのかについて評判・口コミを含めて解説していきます。

充実した求人数と優れたアドバイザーが多く在籍するdoda

転職サイトを利用して事務転職を考えるとき、多くの求人を扱う転職サイトに登録することは必須です。あなたが希望する転職条件に合致する優れた求人と出会うためには、できるだけ多くの求人を比較検討しながら転職先候補の企業を絞り込む必要があるからです。

転職サイトの中でも業界トップクラスの求人数を保有するdodaでは、10万件を超える求人を扱っています。

当然ですが、あなたが希望する転職条件の内容が細かくなる程、その条件に見合う求人の数は少なくなります。

しかし、多くの求人数を保有するdodaを利用することによって、あなたの転職条件に合う求人を見つける確率を高めることができます。例えば、以下はdodaに掲載されていた「東京が勤務地となる上場企業の事務職求人」になります。

上記求人の企業へ転職した場合、年収は残業代含め420~530万円になります。事務職で年収が500万円を超える求人の割合は少ないですが、多くの求人を扱うdodaであれば年収が比較的に高い求人を見つけやすいです。

このほか「事務の正社員でほぼ残業がない企業」「不動産・建設業界の事務経験を活かせる企業」など、求職者によって転職条件の詳細は違います。

しかし、dodaであればキャリアアドバイザーが求職者の転職条件をヒアリングした後、数多くの求人の中から最適な条件の求人を絞って提案してくれます。

非公開求人の中から条件の合う求人を見つける

dodaを利用する大きなメリットの1つに「非公開求人の紹介」があります。

他の転職エージェントでも非公開求人を扱っていますが、dodaは業界トップクラスの求人数を保有しているため、非常に多くの非公開求人を扱っています。ただし非公開求人の紹介を受けるための条件として、転職エージェントの利用が必須になります。

なお、企業が求人を非公開にする理由はいくつかありますが、以下の3点が主な理由になります。

  • 大手企業、人気企業の求人募集を公開すると応募が殺到するため
  • 急な退職や異動で公開求人を準備する時間がなく、早急に人材を確保するため
  • 獲得したい人材が競合他社に流れないように、極秘で採用活動するため

このように企業側の都合で求人を非公開にし、転職エージェント経由で求人を募集する企業が多いです。また、dodaでは求人全体の80%以上が非公開求人のため、公開されている求人からあなたの転職条件に見合う求人が見つかる可能性は低いです。

引用:非公開求人に天職アリ|転職ならdoda(デューダ)

そのため、担当のキャリアアドバイザーから非公開求人の紹介を受けることで、より多くの求人情報を手に入れることができます

ただし、dodaの公式サイトで公開されている求人を検索しても限られた求人情報しか手に入れることができません。選べる求人の数を増やすことで納得のいく事務転職を実現する可能性を高めることができるため、キャリアアドバイザーを経由して非公開求人の紹介を積極的に受けましょう。

求人に掲載されていない情報は必ず確認する

いくら多くの求人情報が掲載されているからといって、求人票に記載されている内容だけで転職先を判断しないことが重要です。

実際に転職する人の中には、求人票の情報だけでは把握し切れなかった事情が転職後に浮き彫りになり、「そのようなことは聞いていない」とミスマッチに悩む人もいます。そのため、転職サイトで紹介を受けた求人票の内容で不明な点がある場合は、必ずキャリアアドバイザーに確認するようにしましょう。

なお、求人情報で把握するのが難しい項目としては、以下のようなものがあります。

  • 育児に理解のある会社であるか
  • 職場の人員体制はどうなっているか
  • 残業の実態はどうなっているか

実際に素人である私たちが求人票の情報だけで、応募する企業の実態を判別することは不可能です。例えば、下記の求人票は東京に本社がある中小企業の事務職の求人募集になります。

上記求人の場合、残業のある職場であることは想像がつきますが、「忙しい時期にどれぐらい残業しているのか」「残業代は全額支給されるのか」までは判別することはできません。

そのため、求人情報を見ていて少しでも気になる点があれば、遠慮なく担当のキャリアアドバイザーに質問するようにしましょう。

都心部だけでなく、全国で利用が可能

dodaはこれまで多くの求職者を支援していく中で規模を拡大し、今では全国に拠点を持つ大手転職エージェントとして非常に認知度が高いです。

dodaの転職支援を受けられる拠点(支店)は北海道から九州まで全国各地に拠点があり、都心部だけでなく地方の転職にも対応しています。

引用:dodaエージェントサービス|転職ならdoda(デューダ)

日本では東京都心や大阪、名古屋など地方都市を中心に人や会社が密集しているため、人口が多い地域で転職活動も盛んに行われます。

しかし、dodaを利用すれば人口が比較的に少ない地域で転職活動に取り組む人も、全国各地に設置されている支店でキャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、カウンセリングは仕事をしながら転職活動に取り組む人が多いことを踏まえ、平日は20:30面談スタートまで、土曜日も19:00面談スタートまで利用することができます。そのため、平日忙しい職場で働いている人でも休日(土曜日)に転職の相談ができるようにサービスの提供時間も工夫されています。

実際に私もdodaを利用して転職しましたが、平日は残業があって利用が難しい日もあり、土曜日を積極的に活用していました。

転職支援の対象年齢の幅が広い

なお、私は転職の適齢期と言われる20代後半で転職をしましたが、dodaは幅広い年齢層を対象として転職支援してくれます。参考ですが、以下はdodaの転職サイトを利用している会員の割合を表した数値になります。

引用:求人広告・転職サイト掲載サービス|doda中途採用をお考えの法人様へ

dodaでは会員(利用者)が最も多い年齢層は「25~29歳」ですが、その次に多い年齢層の「24歳以下」とほぼ同じ割合(約20%)で「40歳以上」の求職者がdodaを利用しています。

そのため、マネジメント経験が求められ、転職が難しくなる30代後半や40歳以上の求職者であってもカウンセリングを受けることができます。そして、経験内容やスキル次第では40歳以上でも転職条件に見合う求人紹介を受けることができます。

カウンセリングは対面で受けた方が良い

dodaでは担当のキャリアアドバイザーによるカウンセリングが実施されますが、このカウンセリングは「対面」または「電話」のどちらの方法でも受けることができます。

私はdodaを含め、4社の転職サイトを利用しましたが、いずれもカウンセリングは対面を希望し、指定された面談会場まで足を運びました。実際に対面で話さなければ、私自身の転職に対する思いや考えを細かく伝え切ることは難しいからです。

また、キャリアアドバイザーから紹介を受ける求人に対して疑問があれば、その場ですぐに質問して解決することができます。もし、対面ではなく電話での面談を希望する場合、以下のようなリスクがあることを了承した上で利用しなければいけません。

  • スタッフの顔が見えず、信頼できるスタッフであるか判別できない。
  • 転職条件は事実確認にとどまり、深いアドバイスを受けることができない

電話であれば会場まで足を運ぶ必要がなく、楽に手続きを進めることができます。しかし、対面でのカウンセリングなければ転職条件を細かく伝えたり、キャリアアドバイザーとうまくコミュニケーションが取れなかったりします。

なお実際のカウンセリングでは、始めにdodaの転職エージェントサービスの説明を一通り受けた後、「どのような会社や職種を希望するのか」「転職条件は何を望んでいるのか」を細かく聞かれます。また、転職条件を聞かれた後に絞り込んだ転職条件の中でも「優先する転職条件はどれか」まで深くヒアリングされます。

このようなヒアリングを実施するのは、相手の顔が見えない電話では難しいです。納得のいく転職を実現するためには、あなたの転職条件を満たす企業へ転職することが必須となるため、可能な限り対面でのカウンセリングを受けるようにしましょう。

スカウトサービスの活用には注意が必要

なおdodaでは、これまでの経歴やスキルを匿名で公開し、あなたに興味を持った企業からオファーメールが届くスカウトサービスを利用することができます。氏名や生年月日などの個人情報は企業側に公開されないため、安心して利用できる転職支援サービスです。

スカウトサービスは、以下のように登録時に利用するかどうか選択することができます。

登録時にスカウトサービスを「希望する」にチェックすれば、スカウトサービスの利用が可能です。このスカウトサービスは企業側からのオファーであるため、自動で求人の紹介を受けることができ、求人の選択肢を広げることができます。

ただし、スカウトサービスでオファーを受ける求人の中には希望条件とかけ離れている求人まで紹介されることがあるため、注意が必要です。

実際に私が利用したときも、望まない転職条件の求人をたくさん紹介されました。例えば、私の場合「正社員・総務・中小企業」の3つの要件を軸に求人を探していました。

しかし、スカウトサービスで紹介される求人の中には契約社員の求人や営業事務の求人など希望条件に当てはまらない求人情報が混ざっていることもありました。

このように希望条件とかけ離れた求人を紹介されるのはdodaだけに限ったことではありませんが、スカウトサービス利用者からの口コミ・評判でも以下のような同様の意見が見受けられます。

そのため、もし気になる求人があればチェックしておき、担当のキャリアアドバイザーに相談しながらエントリーすると良いです。

無料で利用できるdodaの登録方法や使い方

なお、実際にdodaの転職サイトを利用するための登録方法や使い方を事前に理解しておくと転職活動もスムーズに進みます。

転職はあなたの人生そのものに大きな影響を与えることになるため、正しい転職サイトの使い方を理解した上で慎重に転職先を選ぶ必要があります。

以下では、実際に私がdodaを利用した経験から登録方法と正しい転職サイトの使い方について解説していきます。

doda公式サイトから登録を行う

まず、転職支援サービスを受けるためにはdodaの公式サイトから登録を行う必要があります。始めに簡易的なプロフィール項目を入力することで登録が完了となります。

また、プロフィール項目の入力途中で上記では紹介したスカウトサービスを利用するか選択することができます。もし、利用を希望しない場合はチェックを外しておきましょう。

そうして作業が完了すると、マイページが開設されます。そこで、担当となるキャリアアドバイザーから登録した電話番号に連絡が入りカウンセリングの日程調整を行うことになります。

私は電話に取ることができなかったので、その後キャリアアドバイザーからメールで連絡が入り、カウンセリングまでに用意するものとして履歴書(WEB履歴書)の更新と職務経歴書の作成依頼がありました。

WEB履歴書は始めに入力したプロフィール項目に加え、自己PR、職務経歴、経験・スキル、転職理由などを追加で入力する必要があります。職務経歴書の作成も含めると入力内容にボリュームがありますが、完璧に作成する必要はありません。職務経歴書はいずれにせよ後でキャリアアドバイザーに添削されることになり、転職条件や転職理由もカウンセリングで直接伝えることができます。

また私の場合、これまで職務経歴書作成したことがありませんでしたが、dodaのマイページから以下のとおり履歴書のテンプレートをダウンロードし、参考にしながら作成しました。

事務職のテンプレートもダウンロードすることが可能で、職務経歴書の作成に非常に役立ちます。

職務経歴書を完成させ、求人へエントリーする

なお、カウンセリング前に職務経歴書をアップロードしておけば、担当のキャリアアドバイザーから職務経歴書の正しい書き方についてアドバイスを受けられます。

具体的には、これまでの職歴やスキルの効果的なアピールの方法や相手に伝わりやすい自己PRの書き方のポイントについて丁寧に教えてくれます。また、アップロードした職務経歴書の内容や登録したプロフィール内容を参考にして、担当のキャリアアドバイザーが初回のカウンセリング時に求人を紹介してくれます。

私の場合、「転職前と年収はほぼ同額だが、残業が多くなる中小企業」「転職前より残業が少なく年収は少し下がるが、幅広い仕事にチャレンジできる中小企業」など、条件をずらしていくつかの求人を紹介してもらいました。

ただ、その時にエントリーする求人を決めなければいけないわけではありません。慎重に決めたい場合は持ち帰って検討することもできます。もし、他の求人情報も見てみたい場合はキャリアアドバイザーに相談しましょう。結果として転職条件に見合う求人が見つかれば紹介を受けることができます。

そのようにして、キャリアアドバイザ―から求人紹介を受けながら転職先の候補となる求人を絞り込みエントリ―しましょう。

面接対策は希望すれば、複数回実施してくれる

気になる求人にエントリーし、実際に書類選考が通過すると下記のようなメールが届きます。

ただ私は人前で自己PRすることが苦手なタイプだったため、面接には自信がありませんでした。そのため、担当してくれたキャリアアドバイザーに自己PRが苦手であることを正直に相談することで、面談日の調整や面接本番までの間に3回面接対策を実施してくれました。

このようにdodaでは書類選考だけでなく、面接対策についても非常に力を入れて丁寧に指導してくれます。そこで、「どのように伝えれば相手に伝わりやすいか」といった伝え方のコツまで丁寧に教えてくれました。

また実際にdodaを利用して転職に成功した人の中から、以下のような口コミ・評判を投稿している人もいました。

なお、面接対策の後は必ず良かった点や悪かった点についてフィードバックを行ってくれるため、回数を重ねるごとに少しずつ面接のポイントを理解できるようになります。

このように、これまで多くの求職者を転職支援してきた実績から「どのように回答すれば面接官に好印象を与えることができるか」といった面接通過のコツまで丁寧に教えてくれるのが、dodaの大きな特徴といえます。

キャリアアドバイザーとの相性は運次第

転職はその後の人生に関わる重要な決断になるため、信頼できる相手でなければ本気で相談することはできません。そこで、転職に関する不安や悩みについて相談することができるキャリアアドバイザーは心強い存在といえます。

しかし、基本的に求職者がキャリアアドバイザーを選択することはできません。そのため、相性の良いキャリアアドバイザーが担当になるかは運次第なところも実際にあります。

実際に私がdodaを利用したときは、運良く担当のキャリアアドバイザーは対応が丁寧で信頼のおける人でした。私は当初ベンチャー企業への転職を視野に入れていませんでしたが、ベンチャー企業への転職も含めてアドバイスをもらい新たな可能性を引き出すきっかけまで与えてくれました。

同じようにdodaを利用した人の口コミ・評判でも、以下のようにキャリアアドバイザーの対応について高く評価している人もいます。

他に利用した転職サイトのキャリアアドバイザーの中には、真剣に相談しても見当違いな回答をする人やメールなどのレスポンス(対応)が非常に遅いキャリアアドバイザーもいました。そのため転職で真剣に悩んでいる私からすると、とても不愉快で不信感を抱くこともありました。

ほとんどのキャリアアドバイザーは転職支援の実績があり経験も豊富ですが、どうしても経験不足や配慮が足りないキャリアアドバイザーが一定の割合でいます。そのようなキャリアアドバイザーが担当になってしまうと、転職してもミスマッチを引き起こす可能性があります。

そこで相性の悪いキャリアアドバイザーが担当になる可能性があることも考慮し、複数の転職サイトに登録しましょう。可能であれば3社以上の転職サイトに登録し、キャリアアドバイザーの対応についても比較した方が良いです。

なお複数の転職サイトを利用する場合、他の転職エージェントを利用していることを述べても特に問題はありません。むしろ他社を利用していると伝えた方がキャリアアドバイザーも真剣に動いてくれます。

転職エージェントは求人募集する企業へ人材を紹介(転職させる)ことで成果報酬として収入を得ているため、他の転職エージェントを利用して転職されると収入に結び付かないからです。

例えば、引っ越し業者も他社と比較していることを伝えると、お客さんを獲得するために必死に値引きなど自社が有利になるように交渉してきます。

同じような原理で担当のキャリアアドバイザーにも他社を利用していることを素直に伝えることで、キャリアアドバイザーも真剣に動いてくれる可能性が高まります。

dodaの公式サイトには、求職者が知りたい情報が詰まっている

dodaの公式サイトでは、求職者向けに転職活動で役立つ情報が分かりやすくまとめれたコンテンツが無料で公開されています。

具体的には転職活動の進め方や自己分析の方法、職務経歴書の書き方、面接で聞かれる質問集、内定後の流れなど求職者が知りたい情報が紹介されています。

 

このほか転職体験談や転職活動に関わるQ&Aなど、転職活動に悩みや不安がある人にとって有益な情報も知ることができます。ただし情報量が非常に多いため、全て読み込むにはかなり時間が掛かります。

私の場合、働きながら転職活動をしていたため、仕事の休憩中や通勤中(電話の中)などの空き時間を有効に活用しながら情報収集していました。ただ転職体験談を除いた内容ついては、担当のキャリアアドバイザーにも相談することができます。

そのため、あなたにとって必要な情報を収集しつつ、不安なことや分からないことがあればキャリアアドバイザーをうまく活用すると良いです。

dodaの強みを活かして、事務転職を実現する

dodaは大手転職エージェントの中でも業界トップクラスの求人数を誇る代表的な転職サイトの一つです。

たくさんの求人を扱い、正社員の事務職求人も他の転職サイトと比較して数多く保有しています。そのため一般事務だけでなく、営業事務、総務、人事、経理など幅広い事務職の求人を扱っています。

また、地方に住む人も転職エージェントが利用できるように全国(北海道~九州)に拠点があります。このようにdodaではあらゆる働き方に対応できる求人やサポート体制を整えているため、最初に登録を検討するべき転職エージェントがdodaです。

ただ決して多い訳ではありませんが、利用者によっては担当のキャリアアドバイザーと相性が悪く、あまり良いイメージを持たない人もいます。もちろん大手転職サイトなので優秀なキャリアアドバイザーが多く在籍しており、相性が良ければ転職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

すべてが完璧な転職エージェントは存在しませんが、dodaは保有している求人数が多く、質の高いキャリアアドバイザーが多く在籍しています。そのため、転職支援を受けた人からの口コミ・評判は他の転職サイトと比較しても評価は総じて高いです。

まずは口コミ・評判に優れたdodaを活用し、事務転職の実現に向けて一歩を踏み出してみましょう。