総務の転職を考えるとき、キャリアプランを明確にしないまま転職しようとする人がいます。しかし、転職する前にキャリアプランを明確に考えておくことは非常に重要です。

事前にキャリアプランを練っておくことで、転職の目的が明確になります。また採用面接ではキャリアプランについて聞かれることが多いため、面接対策にも繋がります。

中には、転職することで総務事務のスキルアップや管理職を目指す人もいるでしょう。そのような場合、キャリアプランを明確にしてスキルアップできる環境の求人を見極めなければ、ミスマッチが起こり後悔することになります。

そこでここでは、総務の転職を実現するためにどのようなキャリアプランの考え方や行動が必要であるかについて述べていきます。

総務転職のキャリアプランを理解し、スキルアップを狙う

今の会社で働き続けることでスキルアップを図ることはできるかもしれませんが、その選択がすべてではありません。現代では、スキルアップを図る上で転職を選択する人が数多くいます。

例えば、別会社の総務へ転職してスキルアップを図る人や管理職を目指す人がいます。現在勤めている職場環境ではスキルアップを図ることが難しいと判断し、転職を決断するのです。

このとき総務のキャリアプランを正しく理解していなければ、具体的なキャリアビジョンを描くことができず転職に失敗します。

会社の規模や経営方針によって、総務の仕事内容は違う

まず企業の規模や経営方針によって総務の仕事内容は違うため、そのことが転職後のキャリアプランに大きく影響することを理解しなければいけません。

例えば、中小企業やベンチャー企業の総務に転職したいのか、大手企業の総務を目指して転職したいのかによってキャリアプランの考え方に違いがあります。

また、企業の経営方針によって総務が担当する仕事の範囲も変わるため、総務の求人の仕事内容にも注視しなければいけません。それぞれ、以下のようになります。

・中小企業やベンチャー企業のキャリアプラン

中小企業やベンチャー企業であれば総務が人事、経理などを兼務する会社が多いです。そのため、従業員が手掛ける業務の範囲は大手企業に比べて広くなる傾向にあります。

総務事務の専門的な知識やスキルを身につけることよりも、マルチに(幅広く)キャリアを積み上げたい人は中小企業やベンチャー企業の総務を目指すとよいです。

例えば、下記の求人票は大阪に本社がある中小企業の総務の求人募集になります。

上記求人の企業へ転職した場合、給与計算、社会保険手続きなどの労務関係の業務に加えて、社内ファシリティー業務(オフィスの設備管理、オフィスレイアウトなど)を経験することができます。

このように中小企業やベンチャー企業であれば、総務だけでなく人事や労務など幅広くキャリアを積み上げることができる企業が多いです。そのため大手企業の総務に勤めている人の中には、そのような点に魅力を感じて中小企業やベンチャー企業の総務への転職を決断する人もいるのです。

・大手企業のキャリアプラン

一方、大手企業は従業員数が多く事業スケールも大きいため、担当者一人一人の仕事が明確に分かれています。そのため、人事や経理事務を担当する部署がそれぞれ独立している企業が多いです。

例えば、私が勤めていた大手企業では管理系業務の部署が「総務部」「人事部」「経理部」「広報部」「財務部」「企画部」の6つの部署に分かれ、それぞれの部署が担当する業務について責任を持つ体制が確立されていました。

このような大手企業の総務への転職は、総務のスペシャリストとしてキャリアを積み上げたい人に向いているといえます。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある大手建設企業の総務人事の求人募集になります。

上記求人の企業へ転職した場合、株式関係事務、株主総会実務、持株会実務など株式関係に関わる専門的な実務経験を積み上げることができます。

またマネジメント業務(労務管理等)も経験できることから、将来的に総務チームのマネージャーや管理職への昇任を視野に入れることもできます。

総務のマネジメント業務や管理職を目指す

なお、キャリアプランを考えるときに管理職に昇任したいと考える人もいます。責任が重くなりますが、組織運営の重要な管理職ポストで仕事を全うすることで給料が上がるだけでなく、仕事のモチベーションにも繋がるからです。

そのため、総務の実務を積み上げた人でより上位の職位を目指す意志が強い人は、マネジメント業務や管理職としてのキャリアを積み上げることができる求人を探すとよいです。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある大手建設グループ会社の課長候補(管理職候補)の求人募集になります。

上記のような求人票であれば、総務事務メンバーのマネジメント業務を経験しながら管理職を目指すことができます。

ただし管理職候補として採用された後に正式に管理職へ昇任するためには、転職した後に総務チームのマネジメント業務が評価されなければいけません。

なお求人票の中には、転職直後から管理職として採用されるケースもあります。例えば、下記の求人票は東京に本社がある中小企業の総務課長(部長候補)の求人募集になります。

上記の求人票へ転職した場合、総務課長として採用され、総務事務を中心とした管理業務を担当することになります。また経営幹部となる部長への昇任を前提としたポストの採用になります。

総務の管理職に就く従業員の割合は少なく求人数も少ないですが、40代以降でも他の企業へ総務の管理職として転職を実現させる人もいます。

総務事務のスペシャリストを目指す

また、総務のマネジメント業務や管理職とは別に、総務事務のスペシャリストとしてキャリアを積み上げる人もいます。

代表的な業務として、株主総会運営事務やファシリティマネジメント(経営資源の戦略的な企画・管理)があります。以下は株主総会運営事務やファシリティマネジメント業務の概要になりますので、参考にしてください。

上記に示すとおり、総務事務の中には専門的な知識や経験が必要な業務もあります。

また、このような総務の専門的な知識や経験を積み上げた人材を確保したいと考えている企業が存在するため、即戦力として採用された場合、転職前の企業と比べてより良い待遇で転職を実現させることができます。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある大手企業の総務の求人募集になります。

上記求人の企業へ転職したい場合、ファシリティマネジメントについて5年以上の経験が必要ですが、転職したときの年収は600~999万円になります。このようにファシリティマネジメントは専門性が高い業務のため、転職先の条件や実務スキルによっては高収入を実現することができます。

求人数は少ない傾向にありますが、総務事務のスペシャリストとして働く人は総務の平均年収を上回る人が多いです。

管理職やスペシャリストになることがすべてではない

しかしながら、上記で示した管理職やスペシャリストを目指すことがすべてではありません。総務に転職する理由は以下に示すとおり、他にもさまざまな理由があります。

  • 育児や家庭の事情から残業時間を減らしたい
  • 一般事務や営業事務として働いてきたが、総務にキャリアチェンジしたい
  • 職場環境(人間関係など)を変えたい

上記の転職理由は一例ですが、総務チームの一社員としてとして役割を果たしながらキャリアを形成していくこともできます。

例えば、下記の求人票は大阪に本社がある医薬品メーカーの総務の求人募集になります。

上記の求人票であれば、総務業務の経験が5年以上あれば応募することができます。違う会社の総務へ転職し、新しい環境の総務チームでキャリア形成を図りたい方はこのような求人に積極的に応募していきましょう。

ただし組織で働く以上、より職位が高いマネージャーや管理職の方が年収が高くなることはあらかじめ認識しておかなければいけません。

キャリアプランの形成に繋がる総務求人の見極め方

また、総務へ転職するときにはできる限り年収を上げたいと考える人もいるでしょう。しかし、年収だけで転職先を選んではいけません。1日の大半を仕事の時間に費やすことになるため、転職先の総務でどのようなキャリアプランを描けるかが重要だからです。

もし年収だけで転職先を選んだ場合、転職後に思い描いていた仕事ができないときに「こんなはずではなかった」と思い込んでしまい、転職によるミスマッチが起こる可能性があります。このような場合、再度転職を検討することになるため転職先は慎重に選ばなければいけません。

そこで、自身に見合う総務求人の見極め方を理解する必要があります。

企業が求めている人材スキルを理解する

総務の求人の中から理想の仕事ができそうな転職先を見つけたとしても、募集する企業側が求める人物像に見合っていなければ転職が成立することはありません。

あくまでも採用の合否を判断するのは人材を募集する企業側にあるため、一方的な応募者の思いだけで転職は実現しないのです。

しかしながら、応募者が理想とする転職の条件と企業が要求する採用条件が完全に一致することもほぼありません。そのため、いくら優秀な人材であったとしても企業側が求める人材スキルにフィットしなければ不採用となることを理解してください。

例えば、総務の求人募集で企業が求める人材スキルの例として以下のようなものがあります。

  • 株主総会運営事務3年以上
  • 総務事務、人事関連業務5年以上
  • 総務のマネジメント業務3年以上

上記の内容は一例ですが、求人募集をかける企業によって求める人材スキルが違います。そのため総務の求人に応募する場合、これまでの実務経験が求人の応募要件を満たしているか確認しなければいけません。

例えば、下記の求人票は東京に本社がある中小企業の総務の求人募集になります。

上記求人の企業へ転職したい場合、募集する企業は勤怠・労務管理などの実務経験が3年以上の人材を確保したいと考えています。そのため、そのような経験のない人が応募したとしても不採用となる確率が高いです。

なお、上記の求人票のように応募要件として「必須要件」を掲載している企業が多いです。そのため、これまでのあなたの実務経験と照らし合わせ、必須要件を満たす求人であれば応募することができます

総務の求人票を確認するときは仕事内容や年収だけでなく、企業側が求めている人材スキルについても必ず確認するようにしましょう。

総務未経験者は応募可能な中小企業やベンチャー企業へ転職する

また総務未経験者のキャリアプランを考える場合、まずは実務経験を積み上げることを優先しなければいけません。実務経験を積み上げなければ、具体的な総務のキャリアプランを立てることができないからです。

そのため、総務未経験者が応募可能な求人があれば、積極的にエントリーするようにしましょう。例えば、下記の求人票は大阪に本社がある中小企業の総務の求人募集になります。

このような求人募集であれば、総務事務の未経験者であっても応募することが可能です。

ただし、未経験が応募可能な求人であったとしても総務事務の経験者が応募してくる可能性もあります。そのため未経験者が応募可能だからといって採用されやすいと誤解しないように注意が必要です。

総務未経験者はなるべく早く転職し、キャリアプランを形成する

また総務未経験者である場合、なるべく早く転職に踏み切る必要があります。総務の転職市場でも年齢が上がれば上がるほど、即戦力として期待できる人材が採用されやすくなるからです。

20代の若いうちならまだしも、30代以降になると総務の実務経験に加えてマネジメント経験を求める企業も増えてきます。

もし総務未経験者の方で管理職や総務のスペシャリストを目指したいと考えているのであれば、なおさら20代の若いうちに転職に踏み切るようにしましょう。

なお、総務の実務経験を積み上げた後のキャリアプランをどう形成していくかは人によって違います。例えば以下のようなキャリアプランを挙げることができます。

  • 中小企業・ベンチャー企業で実務経験を積み上げ、大手企業の総務へ転職する
  • 中小企業・ベンチャー企業で総務の管理職を目指す
  • 総務の実務経験を積み上げて、株主総会運営事務のスペシャリストを目指す

上記のようなキャリアプランを実現していく上で経験する総務の仕事内容は、将来的なキャリアの形成に大きく影響します。そのため求人募集に記載されている仕事内容はしっかりと確認するようにしましょう。

総務未経験者は経験を積み上げてから大手企業への転職を狙う

総務未経験者の中には大手企業の総務へ転職したいと考える人もいますが、現実的ではありません。

大手企業の総務はそもそも求人数が少なく、たとえ求人募集あったとしても総務事務の経験者から応募が殺到することになるからです。そのような状況の中で総務事務の未経験者が採用されることはないと考えたほうがよいです。

ただし現時点で総務未経験者だからといって、大手企業の総務へ転職できないかというとそうではありません。上記でも説明したとおり、まずは総務事務の未経験者でも応募可能な求人を出している中小企業やベンチャー企業の総務へ転職し、実務経験を積み上げることが大切です。

そこで総務事務の経験を地道に積み上げれば、応募条件を満たす大手企業の総務の求人を視野に入れることができます。例えば、下記の求人票は東京に本社がある大手企業の総務の求人募集になります。

上記の求人票であれば、総務事務の経験やPCスキル(Excel、Word、PowerPointなど)を使いこなせるスキルがあれば応募することができます。

このように、たとえ中小企業やベンチャー企業であってもそこで総務事務の経験を積むことができれば、大手企業の総務への転職も視野に入ってきます。大手企業の総務で働きたいと考えている総務の未経験者は、まず総務事務の経験を積み上げることに専念し、ステップアップしていくことを考えましょう。

履歴書・面接でキャリアプランを述べる

履歴書の志望動機や面接の際に、転職後のキャリアプランは必ず述べることになります。求人募集をかける企業の採用担当者は、履歴書の志望動機や面接で応募者が話すキャリアプランの内容から、応募者の転職が本気であるかどうかを見抜こうとします。

ここで明確なキャリアプランを述べて採用担当者が納得しなければ、転職が成立することはありません。採用する企業は将来的なキャリアビジョンが同じ方向性を向いている人材を採用し、なるべくミスマッチを防ぎたいと考えているからです。

そのため、キャリアプランが明確であれば「活躍が期待できそうだ」と判断されて採用される可能性が高くなります。

ただし、キャリアプランは転職先で実現可能な内容でなければいけません。まったく筋違いなキャリアプランを掲げる応募者を採用しても、企業側にメリットはないからです。

例えば、履歴書や面接で回答するキャリアプランは以下のように述べるとよいです。

約5年間中小企業の総務メンバーの一員として勤めてきました。

備品管理や資料作成などの庶務関係、採用業務、給与管理など幅広い経験を積み上げ、直近では総務リーダーのポジションとして従業員3名のマネジメントに力を入れてきました。

現状課題をいち早く把握するためにはチーム内の意見を積極的に聞き出すことが重要だと考え、それぞれの業務に支障が出ない範囲でミーティングができるように調整してきました。そして、チーム全員で議論しながら仕事を進めることで、連帯感のあるモチベーションの高いチームを作り上げることができました。

このたびの求人で総務部門の組織拡大プロジェクトに携わることができることを知り、御社を応募しました。

これまでの実務経験やマネジメント経験を活かすことでプロジェクトの推進を活性化させつつ、マネジメントスキルをさらに磨き上げていきたいと考えています。

上記のようにキャリアプランを明確に述べることで、応募企業への転職意欲を強くアピールすることができます。

なお、このときは応募する企業がどのような人材を求めているのか企業研究することが重要です。そうして応募する企業で自身のキャリアプランが現実的に実現できる企業であるかどうか照らし合わせるようにしましょう。

実際のところ、明確なキャリアプランを述べることができない応募者を採用したいと思う面接官はいません。キャリアプランがないのは、転職した後の目標がないのと同じだからです。そのため、キャリアプランのない人材が採用されることはないと考えましょう。

転職サイトを活用し、キャリアプランが実現できる求人の幅を広げる

では、実際に思い描くキャリアプランを実現できそうな総務の求人をどのようにして見つければよいのでしょうか。

1つずつ求人情報を当たっていては情報量が限られてしまいます。そのため、仕事を続けながら転職活動するためには効率良く求人情報を手に入れる必要があります。

しかし、これまで経験してきた仕事内容や総務の転職に至る経緯は人それぞれ違うため、目指すキャリアプランの内容もさまざまです。

  • 株主総会運営事務のスペシャリストとして活躍したい
  • ベンチャー起業の総務でマルチな人材として活躍したい
  • 将来的に総務の管理職として活躍したい

このように応募者によって実現したいキャリアプランの内容は違います。

そこで、総務へ転職する人の多くが転職サイトを有効に活用しながら転職活動に取り組んでいます。また転職サイトは非公開求人の情報を扱っているため、より多くの求人情報を手に入れながら転職活動を行うことができます。

ただ転職サイトによって扱う求人に違いがあったり、転職エージェントとの相性があったりします。そのため転職サイトの登録は1社に絞らず、3社以上登録するとよいです。

そうして複数の転職サイトを利用することでより多くの求人情報を手に入れることができ、思い描くキャリアプランを実現できる求人を見つけることができるのです。

総務のキャリアパスを意識し、明確なビジョンを描く

総務のポジションを活かして将来的にどのようなキャリアプランを歩むかは人それぞれ違います。そのため、転職活動を始める前に自身の将来的なキャリアプランを具体的に考えてみてください。

もし、キャリアプランを意識せずに転職してしまうと転職すること自体が目的となってしまいます。そうではなく、総務へ転職した後に何を実現したいのか明確なビジョンを持たなければいけません。

また転職である以上、企業側が求める条件もあるため、すべてが希望どおりにいくわけではありません。ときには折り合いが必要な場面もあるでしょう。

ただ本気で実現したいことを諦めて転職してしまうようでは意味がないため、自身の中でブレないキャリアプランは持つべきです。今一度、総務の転職活動を本格的に始める前にあなたが転職して実現したいキャリアプランを真剣に考えてみてください。

事務転職で失敗しない転職サイトの活用法とは

事務転職を考えるとき、多くの人が転職サイトを活用します。ただ事務職は倍率が高く、簡単には転職できません。自力で転職先を探そうとしても、1件1件求人を見極めるには相当の労力を使います。またエントリー書類(履歴書・職務経歴書)の作成や面談対策、転職条件の交渉まで自ら行う必要があります。

しかし転職サイトに登録すれば、カウンセリング実施後にキャリアアドバイザーから転職条件に見合う求人を無料で紹介してもらえます。さらに履歴書や職務経歴書の添削、面談対策、転職条件の交渉まであなたの代わりに行ってくれます。

ただし、「多くの求人を紹介してくれる転職サイト」「カウンセリングに力を入れている転職サイト」「女性の転職支援に力を入れている転職サイト」など、選ぶ転職サイトによって特徴や強みに違いがあります。これらのことを理解した上で転職サイトを活用しなければいけません。

そこで以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの特徴や強みの違いを理解して活用すれば、事務転職の失敗を防ぐことができます。